2006年06月11日

メルカトル図法の目的と面積

※メルカトル図法の面積や正角性の説明だけをした記事がここにあります。


メルカトル図法と言う地図の種類は中学校の社会で習ったと思います。

メルカトルは16世紀の地図屋さんで、彼が開発したメルカトル図法は地図製作の歴史の中でも最も重要な地図投影法の一つです。

現在使われている世界全図はミラー図法のものが多く、メルカトル図法ではないのですが、メルカトル図法と同じ円筒図法によるものです。


世界地図(ミラー図法)
















中学校の社会で習ったと思いますが、メルカトル図法では高緯度地域ほど面積が大きくなります。これは、メルカトル図法が面積以外のあるものを正確に表記するための図法だからです。

ちなみに、ミラー図法はメルカトル図法を現代版に改良したものですが、たぶん、16世紀では役に立たないものです。

そのあたりもふくめ、今回はメルカトル図法の長所と短所について簡単に説明します。ちょっと長ったらしい説明になっていますが、難しいところはないと思います。続きを読む


posted by new_world at 15:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 地球の科学・暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。