2006年07月29日

私の出身高校ではクラスを組ではなく室と呼んでいました。

1年1室とか2年6室とか。学級委員長は室長です。

こういう呼び方をしているところは他にも結構あるみたいなんですが、やはり、少し変ですよね。


posted by new_world at 13:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 熊本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ホンダジェット

とうとうホンダが航空機事業に参入するようですね。続きを読む
posted by new_world at 07:27| Comment(3) | TrackBack(1) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

鏡で左右が反対になっているように感じるのは・・・

よく言われることですが、鏡で逆さに映っているものは前後です。

鏡には右は右、左は左、上は上、下は下に映っていますが、前後は逆に映っています。

左右が逆に映っているように見えるのは心理的な問題なんですよね。続きを読む
posted by new_world at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラサイトシングル

最近、パラサイトシングルが増えているそうですね。

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、25〜29歳男性の64.0%、女性の56.1%、30〜34歳男性の45.4%、女性の33.1%が親と同居しているそうです。続きを読む
posted by new_world at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

時間を買う

テレビでコメンテータの人がM&Aによって他社の持つ知識や技術を獲得することを“時間を買う”と表現していました。続きを読む
posted by new_world at 05:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

電子チラシ

昨日のWBSで、凸版印刷が開発した電子チラシ「リアルトレンド」が紹介されていました。続きを読む
posted by new_world at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ダイズ

『大豆がどうな風になっているか知ってる?』

いきなり聞かれると、ちょっと戸惑うかもしれません。続きを読む
posted by new_world at 11:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

夏が暑い理由と植物の汗

昔書いた記事を紹介してみます。

夏が冬より暑い理由』。
この記事では、「夏が暑いのは昼が暑いのと同じ」、という感じで説明しています。

植物は汗っかき』。
この記事は、炎天下に出なくては生きていけない植物の体温調節について簡単に書いています。まぁタイトル以上の内容はないんですけどね。
posted by new_world at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログについて&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育学部に理系枠?

うちの大学が次の入試から後期試験を全面的に廃止することは聞いていましたが、教育学部に理系枠ができるとは知りませんでした。続きを読む
posted by new_world at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

喜ぶ首相

新聞に小泉首相がヨルダンでラクダにのってはしゃいでいるという記事がありました。

確かに、喜んでそうです。

あんなに感情をよく表に出す政治家って他にはいないですよね。いつも怒っているような政治家は結構いますけど。

まぁあの表情が本心なのか計算なのかは私には分かりませんけどね。
posted by new_world at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近況報告 7月15日

夏休み?試験期間に試験なし。

来週は試験期間なので講義はなく、試験期間なのに試験がないんです。

夏休み前哨戦(?)です。

まぁ試験勉強をしようと思えばやることはたくさんあるのですが、どうでしょうね・・・たぶん、しないと思います。最近、不真面目さにいっそう磨きがかかってきたんで。

昔は、試験前2〜3日くらいは勉強したものですが、最近は点でダメですね。全くやる気が感じられません。それでも普通にそこそこの成績で卒業できそうなんですから大学というものの意義を疑います。まぁ勉強したい人が勉強できる場所なんですかね。

それにしても、夏休みは困ります。

特別な趣味もなく、旅行や勉強が嫌いで、講義だけが日々の楽しみの私には、夏休みは暑いだけの地獄です。

電気代もやばいくらいに上がります。

私、南方の民族の血を引き継いでいるはずなのに、暑さに弱いんですよね・・・

耐熱温度は−10〜30℃です。

30度を越えると、融けます。

電子レンジ、熱帯・亜熱帯には非対応です。

温帯も一部対応していません。

日本はかなりいい国ですが、外気の温度だけは勘弁です・・・ほんと、暑すぎですよ。

まぁ今の日本には冷房という強い味方がいるんで、高い電気代払って生活環境を維持してはいますけどね。

この夏のテーマは、『節約、冷房以外』です。

なんとか節約して冷房代を捻出しないといけません。

とはいえ、冷房のおかげで何とか生きていけています。大学も室内は基本的に暑くないですし。まぁ主に経済的な理由(建前は環境問題)で涼しくないところはありますけど。


まぁ、何はともあれ、冷房さまさまな生活です。


ではでは。
posted by new_world at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霊長類の種の定義

種というものは連続的なものなので近縁なものでは厳密な定義ができないことも珍しくありません。

これは霊長類でも同様で、ヒトは近縁種が全て絶滅しているので実感しにくいことではありますが、霊長類の種の定義はかなり難しいんです。続きを読む
posted by new_world at 04:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

新 温度計

新しい温度計を買いました。

前回の教訓から、今回はデジタル式のものに。

家庭用のデジタル式温度計ですので精度に多少難はあるようですが、ステンレス製の先端には何とも言えない安心感があります。



新しい温度計
posted by new_world at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

温度計が割れて・・・


遺影細かな味の違いが分かるような繊細な舌ではないですが、一応、お茶を入れるときにはお湯の温度を調節しています。

それに温度計を使っていたのですが、その先端が割れちゃいました・・・お湯の中で。



結構知られていませんが、ガラスの棒の中に入っている赤い液体は普通灯油(色素入り)なんですよね、灯油・・・

灯油の臭いは分かりますよね・・・それが、約80℃のお湯の上に浮かぶんです。


ほんと凄いにおいでした。
posted by new_world at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

“誕”という字の意味

誕生の『誕』と言う字は普通は「誕生」「生誕」という用法でしか使わないので、意外とその漢字の意味を知らないものです。

実は、この字、『大げさな嘘を言う』という意味です。

文字も“言を延ばす”という構造ですよね。

なので、基本的な意味は「むやみに引き延ばした言葉(通常は“嘘”)」なんです。熟語としても、この“でたらめ”という意味の言葉の方が多いようです。


この文字は「子供が生まれる」という意味で(主に)用いられていますが、実はこれ、タンという音の“当て字”らしいです。どういう経緯で当てられたのかは私は知りませんが・・・。

まぁ勿論、今では第一の意味は「生まれる」ですけどね。
posted by new_world at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増えすぎる絶滅危惧種

絶滅危惧種である南米のフンボルトペンギンが、日本でどんどん増えているとか。


野生の個体数は現在1万羽前後で、この10年で2〜3000羽の減少。その原因は、生息域の環境破壊、エルニーニョ現象、エサの魚の乱獲など。まぁよくあることですね・・・。



フンボルトペンギンの生息域は南米の太平洋岸、南緯5〜40°付近。ちなみに、日本の本州が北緯33〜41°なので、緯度的には同じくらいです。まぁ南米の気候は日本付近とは違いますが、気温的には日本やヨーロッパと同じくらいのようです。

なので、このペンギンは、ペンギンなのに寒さに弱く、逆に、日本の暑さにも普通に耐えられるくらいに暑さに強いんです。

それもあって日本の動物園ではよく飼育され、飼育技術・繁殖技術が向上し、比較的容易に増やせるようになっています。なので、殆どの個体が日本生まれで、日本に“生息する”フンボルトペンギンは、本家南米野生種の15%にもなるそうです。
posted by new_world at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ポーランドの首相

昨日、マルチンキエビッツ首相が辞意を表明し、ポーランドでは今、後任の首相が話題になっているようです。

何故かというと、与党「法と正義(PiS)」が推薦することを表明したのは大統領の双子の兄である同党党首ヤロスワフ・カチンスキ氏。

決まれば、双子の兄弟で大統領と首相ということになります。

まぁでも、ポーランドはもともとカチンスキ兄弟中心の政界だったようです。

昨日辞意を表明した首相は、首相就任時殆ど無名の政治家で、世間ではカチンスキ兄弟の傀儡と言われていたそうです。

ただ、その首相、就任後の実績が評価され、今ではかなり人気の政治家だとか。

でも、ちょっと頑張りすぎたのか、カチンスキ兄弟との対立が激化して・・・?

詳しい事情は知りませんが、政界って感じの臭いがしますね。
posted by new_world at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。