2007年01月31日

検索ワード

このブログでは科学の話題を扱っている関係から科学系の単語で検索されてこられる方が多いです。続きを読む


posted by new_world at 07:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

花粉症の原因“風媒花”〜風で花粉を飛ばす植物〜

スギヒノキカモガヤブタクサシラカンバ・・・花粉症の原因植物は基本的に風媒植物という風で花粉を飛ばす植物です。(植物名のリンクはWikipediaに飛びます。)

被子植物、裸子植物の送粉システムは、風による風媒、水による水媒、虫による虫媒、鳥による鳥媒などに分けたりしますが、風と水をまとめて風媒、虫と鳥をあわせて虫媒(もしくは動物媒)などと言ったりもします。続きを読む
posted by new_world at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビスタ

ビスタが出ましたね。今日の0時から売り出しているお店もあるようですが、XPの時に比べると予約した人はかなりすくないそうです。続きを読む
posted by new_world at 08:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

アオムシとクロムシ

大した話ではないのですが、野菜などにつく蝶などの幼虫には大きく分けて二種類の色があるそうです。続きを読む
posted by new_world at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

水中毒・・・

詳しくは知らないのですが、水分の過剰摂取によるナトリウム濃度の低下で神経系などに異常をきたす(頭痛や痙攣、意識障害など)水中毒という中毒があるそうです。続きを読む
posted by new_world at 15:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハミルトンの赤の女王仮説

ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』(「不思議の国のアリス」の続編)の作中、次のようなやり取りがあります。

赤の女王に引っ張られて精一杯走ったはずなのに周りの景色が変わっていないことに気が付いたアリスが赤の女王に尋ねます。

アリス『ずっとこの木の下にいるようですが・・・みんなもとのままじゃないですか?』

赤の女王『勿論。どうなればいいのです?』

アリス『私達の国では、あれだけ大急ぎで走ったら別のところに行き着くはずです』

赤の女王『なんてのろまな国なの。いいこと、ここではね、同じ場所にとどまるためには精一杯走っていなければならないのですよ。他のところに行こうと思ったら、せめて2倍の速さで走らなきゃ。』


・・・続きを読む
posted by new_world at 00:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

ワーカー(働き蜂・働き蟻など)の解釈 ハミルトンの包括適応度

蜂や蟻などの社会性昆虫に見られる子孫を残さないワーカーという階級の存在は、ダーウィン以来、多くの科学者を悩ませていました。

働き蜂、働き蟻などのワーカーは子孫を残すことなく自分の母親である女王やその子供を精一杯育てます。これは明らかな利他的行動であり、それを正当化する解釈はなかなか見つかりませんでした。

その解釈を与えたのは20世紀の偉大な生物学者の一人、ウィリアム・ドナルド・ハミルトン(1936-2000)博士です。彼は40年ほど前に『包括適応度』という考え方を提唱しました。続きを読む
posted by new_world at 00:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

さっき、洗い物をしながら気付きました。


お箸の長さが全部同じです。続きを読む
posted by new_world at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

やっと見つけた商品 卵焼き用フライパンのふた

とうとう、見つけました。

卵焼き用フライパンのふた続きを読む
posted by new_world at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

第二のふるさと

私がセンター試験で玉砕して京大理学部に受験校が決まったのが3年前の1月中旬、そして、合格が決まったのが3月初旬、引っ越したのは3月下旬。

あと2ヶ月で京都3周年ということになります。続きを読む
posted by new_world at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ニュートンのお月さま

高校の頃、物理の授業で聞いた話です。

「リンゴが落ちることからニュートンは万有引力の法則を思いついた」という逸話をよく聞きますが、この話には重要な要素が抜けています。

それは“月”です。

ニュートンは“りんご”が木から落ちるのを見たとき、一緒に“月”を見たと言われています。

そして、“リンゴは落ちるのに、月はどうして落ちてこないのか”という疑問を持ったそうです。

万有引力の法則は、この一見矛盾する二つの現象をつなげようとして発見された法則なのです。

リンゴのような小さいものから星のような大きなものにまで、万有引力の法則はあてはめることができるんです。
続きを読む
posted by new_world at 05:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 地球の科学・暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

センター試験とクローバー

もうセンター試験みたいですね・・・私も3年前には受けたはずなのですが、凄く昔の事のような気がします。のどもと過ぎれば何とやらで、あまりに苦手で苦痛でしかなかったセンター試験も過ぎ去ればただの通過点・・・まぁ実際、私の学部はセンター試験は足きりにしか使われず、合否は大学別の二次試験の点数のみで決まるので、本当に通過点でしかなかったのですが。

京都大学の二次試験は面白い問題も多く試験時間に余裕もあるので結構楽しんで受けられたのですが、時間に追われ流れ作業的に問題を解かされるセンター試験は本当に嫌でしたね・・・。



とはいえ、受験シーズンです。

入試が近いからか、商店街の文具店で四葉のクローバーの押し花(押し葉)のしおりが並んでいました。お守り代わりに参考書かなんかにはさんで持っていくんですかね。

でも、その大量の四つ葉のクローバーはどうやって生産してるんでしょうね。続きを読む
posted by new_world at 23:40| Comment(4) | TrackBack(1) | 科学の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

孤島の生物進化と人間

孤島は進化の実験室・・・そんな言葉をどこかで聞いたことがあります。続きを読む
posted by new_world at 20:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

帰宅

昨日、京都に戻ってきました。

昨日は大荒れの天気で名古屋方面を中心に欠航が相次ぎ、空港は人であふれていましたね・・・伊丹の方は通常通りの運行だったのですが、風が強くて着陸に手間取り、到着は少し遅れていました。着陸の時は凄く揺れました。



ふと帰省中にやったことを思い出してみると

・家事全般(大掃除含む)
・餅つき
・ぶり×2
・味噌作り
・同窓会×2
・初詣(おみくじは大吉)&親戚・知人回り&お墓参り

など。あと、スーツをひとつ作り、10年ぶりくらいに腕時計(←付けない主義なので持ってなかったんです)を買ったりもしました。

まぁぶりを2匹さばいたの以外は普通の年末年始でしたね。
posted by new_world at 10:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

家から出られない

今日は高校の同窓会でした。学年単位の同窓会だったのですが、出席率は意外と高く、300人近く集まっていたようです(1学年約440名)。まぁまだ殆どが学生ですので、正月は暇だったのかもしれません。

同窓会とは全く関係ないのですが、先日、実家(祖父母宅)に閉じ込められたんです。

閉じ込められたといっても、もちろん鍵を開ければ外には出られるのですが、もしそうしたら、警報が鳴り(?)、警備会社の人が来て、不審者扱いです。

実家は最近、警備会社と契約したんです。

それで、私が応接間で本を読んでいる間に、祖父母が外出してしまって、外出時の警戒になっていたんです。

この外出時の警戒を解除するには鍵が必要なんですよね・・・もちろん、その鍵は家にはありません。侵入した不審者が内側から警戒を解除できないようにする仕組みなのですが、これのせいで、取り残された私のような人間も内側からも開けられなくなります。

もちろん、この外出時の警戒は“最後に家を出る人”がするものなのですが、実家の場合、祖父母しか住んでおらず、祖父母は普段一緒に行動しますので、いつもは外出時に警戒ボタンを押して出かけているんです。

そして、その日も、“いつもどおり”(私の存在を忘れて)外出したんです・・・

まぁ、ごく短期間の居候ですしね・・・忘れられもしますよね・・・
posted by new_world at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

年越し

おせち料理を作っていました・・・
posted by new_world at 15:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。