2007年02月28日

家が近いと遅刻する?

家が近いのに遅刻する人って結構いますよね。

その人に対して「何で家が近いのに遅刻するの?」と聞く人がいます。

確かに、家が近いと出発時間までは余裕がありますので、遅刻しなさそうですよね。

ただ、私は、「家が近いからこそ遅刻するのではないか」と思っています。特に、徒歩・自転車の場合。

たとえば、家から目的地までが徒歩10分のAさんと徒歩30分のBさんがいたとします。

目的地へ着かなければならない時間が8:30とした場合、Aさんは最悪8:20分に出れば普通に間に合います。Bさんの場合、8:00に出ることになります。

ただ、問題は、これは徒歩での時間であり、“走れば”半分くらいには短縮できるということです。

そうなると、Aさんは5分の短縮、Bさんは15分の短縮・・・

つまり、Bさんの方が(疲れますが)多くの余裕が生まれるのです。

そして、出発時間より5分遅れた場合の打撃は、圧倒的に家が近い人の方が大きいんです。



このように、家が近いと、急いでも時間の短縮のしようがないんですよね。家が遠い人の方が挽回の可能性が残されているんです。

家が近い人の方が出発前に多くの時間を持っているのは確かなのですが、出発前の行動は、その人の頭の中にある「出発予定時刻」を基準に行われるので、8:00に出る人が7:55にしていることと、8:20に出る人が8:15にしていることは結構似ていると思います。




まぁ勿論、その人の時間感覚が“普通に行ったときの時間”であった場合です。毎日急いでいる人はどちらも余裕は0ですので出発予定時刻に遅れたら遅刻決定ということになります。

あと、電車の場合は、どうしようもないですね。時間に正確なので。自動車も基本的に法定速度に縛られます。


posted by new_world at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

アルコールに弱いという進化?

先日、自宅でできるアルコールのパッチテストの話を書きましたが、それで思い出したことがあります。

コメントの返事にも書きましたが、アルコールに極端に弱いという性質はモンゴロイドの、しかも、日本人や中国人、朝鮮人など東アジア人に極端に多く見られる性質です。

これはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが悪いことで起こるのですが、この体質のヒトは、黒人、白人だと0%なのが、日本人や中国人だと40%以上になります。(東南アジアなどでは10%程度かそれ以下と言われています)

これは無視できない数字です。

これは“遺伝”なのです。

つまり、このアルコールに弱い性質もしくは、その原因となるアセトアルデヒド脱水素酵素の遺伝子の異常が何らかの意味を持つ可能性がある、すなわち、アセトアルデヒド脱水素化酵素遺伝子の変化が東アジア人に何らかのプラスの効果をもたらしているのではないか、と考えられるのです。

何に対して効果があるのかは分かっていないようですが、とても面白い着想だと思います。

常日頃は何も考えずに「お酒に強い」とか「お酒に弱い」とか言っていますが、その遺伝の違いの意味とかはなかなか疑問に思ったりはしませんよね。
posted by new_world at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お守り

明日、弟が受験です。隣の県の大学を受けるようで、今朝出発したそうです。

木曜に北野天満宮でお守りを買って送ったのですが、届いたのは今日の昼ごろだったみたいで、ぎりぎり間に合いませんでした。

まぁ後期試験も受ける気満々なようで・・・間に合ったのかもしれません。


そういえば、今は梅の季節なんですよね。北野天満宮や長岡天満宮、万博公園で梅が綺麗でした。

北野天満宮の梅の花
















長岡天満宮の梅の花





万博公園の梅の花
posted by new_world at 17:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の記憶の始まった場所

一昨日、吹田に行ったとき、昔住んでいた場所にも行ってきました。大阪の吹田は私にとって5ヶ所目の住まいなのですが、記憶に残っている最初の場所です。続きを読む
posted by new_world at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ちょっと、130kmほど、サイクリングに、太陽の塔まで。

太陽の塔(正面)昨日の朝、「太陽の塔を見に行こう」と思い立ち、吹田の万博公園まで行って来ました、自転車で。続きを読む
posted by new_world at 18:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

自宅でできるアルコールのパッチテスト

サントリーのHPで消毒用エタノールとバンソウコウを用いたアルコールパッチテストの方法が紹介されています。(→ここ続きを読む
posted by new_world at 06:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 色々な紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

春節(中国の元旦) 春運(中国の帰省ラッシュ)

先週から妹が中国の友人宅に遊びに行っています。中国は太陽暦2月18日が今年の春節(旧暦の元旦)らしく、今はお正月真っ盛りだそうです。

中国ではお正月を日本以上に祝う習慣があるようで、誰かが『まさに盆と正月が一緒にきた感じだ」と話していました。続きを読む
posted by new_world at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

理科年表

国立天文台編の『理科年表 平成19年』(丸善)、ついつい買ってしまいました。理科年表はたぶん3冊目です・・・前買ったのは行方不明で(実家にあるはずです)。

専門書ではないですが、持っている人と知らない人の差が広い本の1つかもしれません。言ってみれば、“理系の地図帳”的な本ですかね。続きを読む
posted by new_world at 17:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 色々な紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

双子が生まれる確率

教官の雑談で聞いた話で確かな根拠はないのですが、最近、日本において双子が生まれる確率が高くなっているそうです。続きを読む
posted by new_world at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地上デジタル放送

デジタル放送にはいくつかの方式があるそうで、今のところ、主流のヨーロッパ方式のほか、アメリカ方式、日本方式などがあり、新しくデジタル放送を始める国などではどの規格にするかでもめているところもあるようです。

たとえば、韓国。続きを読む
posted by new_world at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

吉田神社の参道と石柱

吉田神社の参道です。節分のお祭りの時にはここに露店が並び、3日間で数十万の人が訪れます。左右の生垣は大学で、京都大学の正門もこの参道に面しています。

吉田神社の参道@


















吉田神社の参道A
















それほど長くはなく、交差点から鳥居が見えます。




そういえば、この「吉田神社参道」の石柱の裏には「京都帝国大学総長松井元興書」って書いてあります。この松井総長は昭和8年(1933年)から4年間、京都大学の10代目総長を務めた方です。(退官後、立命館大学の5代目学長にもなっています)

吉田神社の参道は京都大学の正門への入り口でもあり、この石柱はある意味、吉田神社と京大との友好の証なのかもしれません。

石柱の裏側
posted by new_world at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺失届

そういえば、先日、カード入れ(お財布)をなくしました。

現金1万数千円、クレジットカード1枚、学生証、スルッと関西・・・ほか(カード類数枚?)。最後に使った記憶は先週末、駅の改札でスルッと関西を戻したとき...


たぶん、週明けにした大掃除のとき、うっかり捨てちゃったんだと思います。続きを読む
posted by new_world at 03:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ミニカーサイズのレーザーマウス

パソコンのマウスが結構ボロボロになってきたので買い換えました。私のマウスの好みは「とりあえず小さいもの」で、ここ3〜4台は買い換えるたびにどんどん小さくなっています。続きを読む
posted by new_world at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 色々な紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

襖(ふすま)

そろそろ終わるようですが、京都の国立博物館で御所の障壁画の展示があっています。大学にポスターがはってありました。

「障壁画」と聞くと何となく仰々しい雰囲気がありますが、まぁ屏風や襖(ふすま)に描かれた絵のことです。高校の日本史で『安土・桃山時代、城郭の建築とともに障壁画が発展した』とか習った記憶があります。

ところで、その博物館のポスターを見て思ったのですが、日本建築には当たり前のようにある襖、これを“壁”の一種と見ると、ちょっと面白いですよね。

なんといっても、襖は“取り外しできる壁”です。続きを読む
posted by new_world at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

近況報告(2/13)

ダンボールの部屋
別にダンボールで出来ている部屋ではなく、ダンボールのための部屋、ということです。

私の部屋のことです・・・

私の部屋、慢性的なダンボール症候群(?)に陥っています。オンラインショップで買うとどうしても段ボールで送られてきますし、実家からも結構な頻度で荷物が届きます。

そのせいでどんどんどんどん段ボールが・・・

今も大小あわせて10〜15ほどの段ボールが部屋に散乱しています。折りたたんで片付けているものをあわせると30はくだらないと思います。まぁ大半はアマゾンやブックオフの小さな段ボールですが。

段ボールの捨て方を大家さんに聞こう聞こうと思いながら既に3年になります・・・以前は、燃えるゴミで出せていたのですが、最近は指定のゴミ袋になって、ゴミ袋には段ボールは入らないのでたまる一方です。

きっとリサイクルで回収しているところがあるはずなのですが・・・ほんと、そろそろどうにかしないと、収納能力の限界に達しそうです。
posted by new_world at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紙粘土

紙粘土って、細切れの紙と糊で作るんですね・・・捨てるときは可燃ゴミだそうです。
posted by new_world at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

視力低下の連鎖

私、かなりの近視なのですが、視力ってどんどん低下しますよね・・・。

視力の低下は連鎖します。      続きを読む
posted by new_world at 23:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

1・・・箱?

2〜3ヶ月に1回、イオンのオンラインショップでパスタや調味料、シリアル、水など保存がきくものをまとめ買いしています。いつも1万円近く買うので箱が2〜3個になるのですが、今回は不思議な箱が1つありました。


底の大きさが同じ2つの箱をビニールテープでしっかりくっつけて1つの箱(?)にしたものです。


付け足しの箱は高さが半分で、あわせると普通の箱の1.5倍のサイズになります。たぶん、シリアルみたいなつぶれやすいものを保護するのが目的なんだと思うのですが、これって送料は一箱で計算されるんですよね?

たぶん、別々に送るよりは安くなりますよね・・・賢いというか何というか・・・こういうのってありなんですかね。
posted by new_world at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

恵方巻き

私の家では昔(=私が小さい頃)から節分には巻き寿司を作っていました。いわゆる恵方巻きなのですが、恵方巻きは一本丸かじりですので、小さい頃は細まきでしたね。さすがに子供だと太巻き一本は無理なので。続きを読む
posted by new_world at 22:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田神社の節分のお祭り

そういえば、節分にはお祭りがあるんですよね。続きを読む
posted by new_world at 19:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ温度でも

以前、同じ事を書いたことがあるのですが、温度計の温度と触ったときの温度って違うんですよね。

たとえば、同じ90℃でも、お湯なら火傷しますが、サウナなら火傷しません。

小学校などの校庭の鉄棒、冬場は冷たいですよね。あれも温度は気温と同じです。続きを読む
posted by new_world at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 科学の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。