2007年04月17日

自分の細胞

就職先が決まり、研究室で実験を始めてはや半月・・・

今は、大腸菌や細胞、DNAの増やし方、緩衝液や培地の作り方、超遠心機や分光光度計の使い方、タンパク質へのタグの付け方など、基本的なバイオ実験のスキルを会得中です。まぁ来年には全く要らなくなる技術なんですけどね・・・


就職先が決まっている私は研究室に一年しかいないため、研究テーマも1年でそれなりに成果が出ると予想されるものということになり、それで、昨年まで他の学生がやっていた研究を引き継ぐことになりました。

その研究テーマは網膜にあるロドプシンという光受容タンパク質のとある機能の解析なのですが、解析するためには解析しやすいように細工をしたロドプシンたんぱくが必要です。

前任者は、そのロドプシンDNAの細工をするまでで他へ移った(他の大学院に進んだ)そうで、私はその変異体を使って機能解析を行うことになります。

ただ、変異体なので、自然にはなく、自分で増やさないといけません。変異体のDNAまでは前任者が作ってくれているので、それを増やしてタンパク質にします。


まぁDNAの量産→タンパク抽出までのスキルは、バイオ実験の基礎中の基礎なのですが、これを行うためには細胞が必要です。

細胞といっても何でも良いわけではなく、ちゃんと実験にむいた細胞株という安定的に増殖し様々な特性を持った細胞の系統が色々と樹立されています。

その細胞株は多くの科学者によって共有されていて、私も教官からシャーレ一枚分もらいました。

それを増やしながら、増えた分を実験に使っていきます。ある程度の細胞数を維持しながら、実験を進めていくことになります。


色々な種類の細胞株があるのですが、それぞれに様々な特性があるようで、研究室の分野や研究テーマなどで使う細胞株は異なってきます。

ヒトの細胞からも細胞株が樹立されていて、有名なものでは、50年以上前にヘンリエッタ・ラックス(Henrietta Lacks)という女性の方から分離された細胞株であるHela細胞(ヒーラさいぼう)というものがあります。これは世界初のヒト由来の細胞株なのですが、今でも多くの科学者によって使われています。

かなり広く使われているので、ヘンリエッタさんの体の細胞の数をはるかにしのぐ数の細胞が作られてきたと言われています。



細胞を用いる研究においては、細胞のコンディションが実験に大きく影響を及ぼします。いくら実験に使いやすい細胞とはいえ生き物ですので、育て方や使うタイミング次第でその能力は結構差が出てきます。一枚のシャーレに多すぎても少なすぎてもダメですし、育てる環境(培地の組成や温度など)でも大きくコンディションは変わってきます。また、実験操作を手早くやらないと細胞に負荷がかかってしまいますし、使う試薬の温度まで調整する必要があったりします。

いい成果を出すには上手く細胞を管理する能力が必要なんです。

しかも、その細胞の世話、1日おきにしなくてはいけないんですよね・・・つまり、細胞を育てている限り、連休というものはありません。

そんなに時間がかかることではないので手間がかかるというわけではないのですが、二日以上家を空けるような遠出はできませんね。


そんな感じの今日この頃です。

更新が殆どされてなくてすみません・・・忙しくて・・・。


posted by new_world at 01:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。