2007年05月31日

京都の繁華街をトランジットモール化

トランジットモール=歩行者の安全性や公共交通機関の利便性の向上を目的に、バスや路面電車などの公共交通機関以外の車両の乗り入れを禁止した区画・・・続きを読む


posted by new_world at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

鏡で逆さになる方向

鏡で逆さになっているのは前後・・・以前、これについての説明を書いたことがあったのですが、微妙に分かりにくかった気がするので、もう1つ説明をくわえておくことにします。

前の内容は、「左右が反転しているように見えるのは錯覚である」というものでした。まぁあくまで私の考えで、これが一般的な考えかどうか、本当に正しいのかどうかは分かりません。

ただ、反転しているのが前後であるというものを説明するのは比較的簡単だと思います。

『反転しているものをもう一度反転させれば元に戻る』という現象を使った説明です。

鏡に写っている像の左右を反転させてもそれは正しい形ではありますが、前後が逆転しています。一方、鏡に写っている像の前後を反転させると、それは形も向きも正しい像ができます。


勿論、物理現象としても、自分の姿を正面の鏡に映した場合、摩擦のようなものはないので、光が受ける方向転換は前後方向だけのはずです。
posted by new_world at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

100時間計れる計算機

平均帰宅時間23時で夕食が翌日にずれ込むことも珍しくない今日この頃・・・書いてる本人はかなりご無沙汰なこのブログですが、アクセス解析によると結構な数の方が依然ご覧になって下さっているようで、有難くもあり申し訳なくもあります。

まぁ帰宅時間は遅いですが、そこまで実験漬けの日々というわけではなく、正規の実験以外にも色々とやっているうちにいつの間にか時間が過ぎています。他の人よりも早く帰るのに気が引けて、だらだらと時間を過ごしている感じもありますね・・・


と、そんな感じの日々を送っているのですが、実験を始めて必要性に気付き、最近買ったものがいくつかあります。

たとえば、実験用のタイマー

研究室のメンバーの多くはキッチンタイマーで代用しているようですが、キッチンタイマーって普通、100分計(99分59秒まで)なんですよね。

まぁ基本的に、キッチンタイマーと時計で何とかなるのですが、たまに数時間はかれるタイマーが欲しくなることがあります。

ただ、一般的な長時間計は結構なお値段で、だいたい三千円前後はします。百均でも手に入るキッチンタイマーのとは大違いですよね。

私も初めはキッチンタイマーで使いやすそうなものをと思いアマゾンで探していたのですが、そのとき思いがけず、長時間計れて比較的安価なもの(1200円弱)を見つけました。

ただ、タイマーではなく、一応、電卓みたいです。キッチン用品ではなく家電系のコーナーに売ってありましたし。

それは、「電卓」兼「時計(アラーム)」兼「カレンダー」兼「タイマー」という商品で、なんというか、日本人好み(?)の何でもかんでも詰め込んだような、よくある感じの小型機器です。

写真を撮るのも面倒なので(というか、研究室にあって手元にないです)、まぁ、気になる方はここで見てみてください。(アマゾンの商品紹介です。)

一応Canonの製品で、安っぽいプラスチックの表面に、大きさは携帯電話よりも小さい手のひらサイズ、まぁ使い勝手は悪くないですが、決して使いやすい代物ではないですね。

余計な機能というわけではないですが、やはり、とっさの使いやすさは多機能な製品よりも単一機能の製品の方が圧倒的に上です。

そういえば、私は最近は毎日腕時計を付けていますが、短い時間を計る時に、腕時計内臓のストップウォッチ(クロノグラフ)を使ったためしがないですね・・・いつも普通のストップウォッチを使っています。まぁ単にクロノグラフの使い方が分からないだけですが・・・。



とはいえ、安っぽいながらも時計+カレンダーの表示は、まぁ普通の時計よりは見栄えはいいですかね。あと、実は、タイマーよりもむしろ計算機としての機能の方が役に立っているんですよね・・・時間は時計でも計れますが、3桁×3桁の計算とかは私の頭ではできませんので。

確かに、タイマーというより計算機のようです。
posted by new_world at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

日焼け止め

私は日差しが強い時期(4〜11月くらい)には必ず日焼け止めつけています。

ただ、別に日焼けが嫌なわけではないんです。主な目的は皮膚の保護と皮膚がんの予防です。

「日焼け止め」は皮膚ガンに対するの「ガン予防薬」という感じで捉えていますね。あと、紫外線というのは細胞の遺伝子以外の部分も傷つけますので、それを防ぐという意味もあります。

ただ、日焼け止め自体が皮膚へ悪影響を及ぼすとも考えられるので、一応、紫外線防御能力よりも皮膚への優しさを優先して選んでいますね。まぁパッケージの宣伝文句がどれだけ正しいのかは分かりませんけど。

“発がん性が疑われている物質”のようなものは結構入っていますが、紫外線の場合は“発がん性が確認されている”ので今のところ紫外線を優先的に排除しています。
posted by new_world at 22:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご無沙汰しています・・・

5月に入って一度も更新がないですね・・・大変ご無沙汰しています。近況報告の方は1回更新しましたが、色々あって記事を書く余裕がありませんでした。

結局GWもずっと忙しくて、休み明けの今の方が時間があるくらいです・・・

GW前半は実験にあてて、後半は余裕を持とうと思っていたら祖母の訃報・・・GW後半2日+1日は忙しすぎて何も考える余裕はなかったですね・・・

母の実家の方は、今も大変なことになっているようです。

落胆のあまり無気力になってしまった祖父を独りきりにさせないように母の兄弟は代わる代わる休みを取って祖父に付き添っているそうです。

しかし、いつまでもこんなことはできないので、祖父もこれを乗り越えて独りの暮らしに慣れていかないといけないんですけどね・・・と、言うのはたやすいですが、52年間生活を共にしてきた祖母をなくした祖父の心境は、若い私には想像もできません。
posted by new_world at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。