2008年09月27日

デフォルト−債務不履行

金融の勉強をしていて違和感を感じた単語に「デフォルト」という単語があります。

「デフォルト・リスク」などの単語で説明なく普通に出てきたのですが、それまでの私の中でのデフォルトの意味は「初期設定」とか「標準」とかいう意味だったので、あとで調べてそれが「債務不履行」の意味だと知って驚きましたね。

借金を踏み倒すことをデフォルトと言うなんて知りませんでした。


たとえば、先日リーマンブラザーズが破綻しましたが、その際、リーマンの円建ての社債(サムライ債)がデフォルトしました。

社債と言うのは国債と同じで、借金の証書です。流通可能な借金証書と言った感じでしょうか。

株式と異なり、社債を持っていると、期限にお金が支払われます。

近年で多分一番有名なのが、アルゼンチンの外国債のデフォルトです。2001年12月にアルゼンチンの外国債が事実上のデフォルトになりました。国の発行する国債がデフォルトですからね・・・相当な衝撃です。




さすがに新聞で登場するときにはデフォルト(債務不履行)とか書いてありますが、研修のテキストとかには当たり前すぎるのか説明がないんですよね・・・。

ちなみに、defaultという英単語の意味を調べたところ、
1.初期設定、既定値
2.義務などの怠慢
3.債務不履行、支払いを怠ること
4.欠席、不参加、棄権、試合放棄
などの意味があり、基本的に、「なされるべきことがなされない」という意味です。「fault=責任」+「de=離れる」という感じですかね。

パソコンなどの初期設定などをデフォルトと言うのは「設定する必要が無い」というところから来ています。


posted by new_world at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。