2008年12月17日

量的緩和とは

とうとうアメリカが事実上のゼロ金利政策に乗り出し、量的緩和も行うようです。

このゼロ金利と量的緩和、日本人にはおなじみの経済用語ですよね。

たぶん、たいていの人は聞き覚えがあるはずです。

ゼロ金利は何となく分かると思います。金利がゼロ、つまり、極端な話、お金を借りても利子を払わなくていいくらいまで金利を低く誘導すると言うものです。(実際は、無担保コール翌日物の金利をほぼ0%に誘導すると言うものです。)

では、もう片方の量的緩和について。

“量的に緩和する”というのは、世の中に出回っているお金の“量”を増やして、お金を流れやすく金融のしばりを“ゆるめる”ことです。

世の中に出回っているお金が増えると、どうなるかと言うと、お金の価値が下がります。豊作の年に作物の価格が落ちるのと同じです。たくさんあるものは、あまり価値がないので、お金も同様、お金が沢山出回っていると、お金の価値が下がるんです。

お金の価値が下がると、お金を調達しやすくなります。

これが、量的緩和です。

量的緩和が行われる背景には、超低金利があります。

超低金利の状態では、それ以上の金利下げができません。金利が下げられないと、金利の調整でお金の流動性を増大させる事は出来ません。

まさに、ゼロ金利時代の日本が抱えていた課題です。

そこで日銀は何をしたかというと、量的緩和を行いました。

つまり、お金を増やすんです。

日銀が何をしたらお金は増えますか?

それは、日銀がお金を払えば言い訳です。

もちろん、ただでお金を配るわけにはいかないので、日銀は何かを買う事になります。

それは債権です。

銀行等が保有している国債などを日銀が買いまくる訳です。そうすると、銀行に資金が流れ込み、銀行にお金があふれ、そうなると銀行もどこかに貸し、お金の流動性が増すはずだ、ということです。

つまり、金利を下げられない状態で、利下げと同様の効果が得られる、というものです。

まぁ実際は、たいして効果はなかったみたいですけどね。


posted by new_world at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。