2009年07月07日

七夕に何を食べるか?

七夕は月と日で奇数がぞろ目となる五節句の一つです。
3月3日は上巳(桃の節句)、5月5日は端午(菖蒲の節句)、7月7日が七夕で、9月9日は重陽(菊の節句)です。

七夕だけは〜の節句と言う別名を知りませんが、何かあるんでしょうかね。まぁ菊の節句とかはもはやその存在すら知らない人が多いかもしれませんが。

ところで、七夕の話をしていて、「七夕には何か食べるものあったっけ?」という話になりました。

私の記憶では特に何も思い出せなかったのですが、福岡の久留米出身の人が唐突に「スイカ」と言いました。

七夕にスイカとか、聞いた事がありません。

ただ、帰って調べてみると、福岡県南部の筑後地方では、明治時代から七夕になると子供に大きなスイカをあげる習慣があるとか。

福岡や熊本に結構長く住んでいましたが、その中間の久留米にそういう風習があるのは初めて知りました。

この季節、まだまだスイカは高いでしょうね・・・

まぁでも、色々な風習が各地にあるんですね。


posted by new_world at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。