2008年06月18日

マイレージと節税

政府は、国家公務員が出張時の飛行機でマイレージを貯める事を自粛するように求める方針を出したそうです。最近、タクシー接待の問題で国家公務員に対する批判が強まっている事を受けたものと考えられます。ただ、そうなると、マイレージをみすみす逃してしまい、儲かるのは航空会社と言う事になります。

そこで政府は、「団体がマイレージをためる事はできないか」という交渉を航空会社と進めているようです。まぁ、数年前、同様の提案をした際は「マイレージは個人に提供するものだ」と航空会社側に断られているそうですが・・・。

ただ、もし、マイレージを企業や官庁が使えるようになれば、節約になるでしょうね。マイレージって消費税よりも高い事も多いので。

もし5%の航空費が節約されれば、相当額の税金が節約されると思います。

本来、マイレージはお金を払った人に還元されるべきものなので、団体に渡るのが正しいと思いますけど、制度面で色々と問題があるんでしょうね。


posted by new_world at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。