2008年06月22日

路線価を調べる

地価の一つで、国税庁が発表する路線価ってご存知ですか?

路線価と言う名前は、その土地が面する道路から土地の価格を求める方式からついたものです。

実は誰でも簡単に調べられます。

ここです。

この価格は公示価格と言う国税庁はこの価格をもとに相続税を計算します。道路ごとに決めますので、全ての場所を評価する事ができます。

通常、地価の評価にはいくつかあります。

実勢価格、公示価格などです。

「実勢価格」と言うのはいわゆる“時価”で、売買されるときの金額と言う事になります。売買しないと正確には確定しませんが、通常は近隣の土地の売買などから決められるようです。不動産鑑定士などが調べてくれます。

「公示価格」は国土交通省が発表している地価です。こちらは全国3万カ所の基準地について大勢の不動産鑑定士を用いて評価したものを国土交通省が取りまとめて示したもので、地価の指標となるものです。ただ、全ての場所を網羅できている訳ではありません。

路線価は、この両者に比べ、比較的用意に、全ての場所の価格を知る事ができると言う点が利点です。


ただし、それぞれの価格は結構差があって、2割程度の差は当たり前のように生じるようです。

その点には注意した方がいいです。


posted by new_world at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。