2008年07月20日

中国の交通規制

8月8日に五輪開幕を控えた中国が、北京において7月20日から9月20日の間、日本ではなかなか考えられない交通規制を行っています。

それは、ナンバープレートの末尾の数字による交通規制。

道路を走れるのは、奇数日には末尾の数字が奇数の車だけ、偶数日には偶数の車だけ・・・本当に、今の北京ではそうなっているそうです。警察があちこちで監視しているとか。

ただ、まぁ、緩衝時間としてか、午前0〜3時までは両方走れるらしいです。

確かに、こうすれば、車の数は相当減るのでしょうけど、本当に問題ないんですかね・・・。

さすが、中国です。


posted by new_world at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ数年で中国の光景が変わりましたよね。

あの広い道路半分は自転車だった記憶があります。。。
凄いですね、、、何故あんな国に日本はまだ支援してるのでしょか?(笑)

この国の中にもっと支援が必要な所があると思うのですが。。。
Posted by マチルダ。 at 2008年07月21日 09:48
マチルダ。さん
自転車もまだ結構あるらしいですけどね。最近は、原付みたいなのが多いようです。

まぁ支援の妥当性はともかく、支援してでも環境対策はさせた方がいいと思いますね。風で色々飛ばされてくるんで・・・。

今の中国はもろいので、そのギリギリの安定を維持するために経済を発展させる事を最優先にして、他の色々な物をおざなりにしている気がします。
Posted by new_world at 2008年07月27日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。