2008年08月07日

普通預金の金利

銀行に入るまで考えもしなかったのですが、普通預金の金利って実は銀行によって微妙に違うんですよね。

メガ三行とりそな、あおぞら銀行は0.2%ですが、郵貯は0.21%、セブン銀行やイオン銀行は0.25%です。

メガバンクでも残高によって変動する預金や通帳を発行しない口座において金利が優遇される物などがあります。

たとえば、
三菱東京 10万円以上 0.25% (スーパー普通預金)
三井住友 30万円以上 0.26% (one's plus)
りそな  無通帳    0.24% (TIMO)

三菱は多段階になっていますが、現在は10万円以上は同じようです。

ちなみに、新生銀行は残高によって変動する普通預金しかないようで、100万円未満0.11%、100万円以上300万円未満で0.2%など(更に段階的にあります)です。


まぁただ、いまの金利状態では微々たる物ですけどね。

0.01%の差=100万円で100円の差ですからね・・・まぁ口座を切り替えると100万円で年に500円くらいの差ですかね。ただ、もともとの金利が低いので利息の増分だと+3割くらい(0.2→0.26%の場合)になりますが。(100万円の預金で2000円→2600円)ちなみに、微々たる利息から更に2割の税金が引かれますので・・・

まぁ今後、もし金利が上がった場合には、違ってくるかもしれません。


posted by new_world at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。