2008年09月22日

アメリカの証券会社が消えた

ゴールドマンサックス(GS)とモルガンスタンレー(モルスタ)が商業銀行化するそうですね・・・つまり、専業の大手投資銀行がなくなってしまうと言う事です。

何故、商業銀行化するかと言うと、それは資金の問題でしょうね。

普通の銀行と投資銀行の違いは、預金を持っているかどうかです。

投資銀行はこれまで預金ではなく証券を担保にした資金調達法で資金を獲得してきましたが、サブプライム以降、証券の担保としての価値が下がり、資金繰りに窮したようです。

そこで、通常の預金による安定的な資金調達を目指して、商業銀行化した、というのが今回の転換だと思われます。

また、同時に、モルスタには日本の三菱UFJが巨額の投資を行う事が発表されています。投資の額は最大で1兆円近く(9000億円程度?)になる可能性もあるとか。

三菱UFJはこれまでは他の2メガに比べ海外投資は若干遅れましたが、東三とUFJの統合完了が近づき、最近は積極的に海外へ出資しています。まぁもともと、東京銀行を起源としているため、外国業務に関しては断トツに強いのですが。

また、野村証券がリーマンのアジア部門を買収し、更にはヨーロッパ部門の獲得を目指しバークレイズと争っているようです。インサイダー問題で大分影響を受けた野村も、攻めの姿勢は忘れていないようです。

日本のメガバンクや大手証券会社など比較的安定した日本の大手金融機関が、海外に対して攻めの姿勢ですね。まぁこれから先、国内だけで金融業をやっていくのはリスク高いですからね・・・当然の成り行きかもしれません。


今後注目されるのはGSと三井住友の動きです。バブル期、住友銀行はGSの最大の株主でしたし、バブル崩壊後は逆にGSが三井住友銀行の優先株を大量に保有しています。リーマン危機の際には、GSとの関係を重視して出資しなかったとされていますし、数ヶ月前の英バークレイズとの提携時には、GSとの関係への影響の小ささが注目されていました。

三井住友も「GSとの歴史的な関係は最も大切にする」としており、今後の動向が注目されます。



米国の金融再編に絡み、欧米の勝ち組金融機関と安定している日本の金融機関の存在感が強まってきています。


posted by new_world at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。