2009年01月11日

裁判員制度と宗教

最近知ったのですが、今年の5月に裁判員制度が始まるにあたり、宗教界がその対応に頭を抱えているそうです。

「人を裁く行為が宗教上許されるか」という事です。

特に、「死刑制度」には明確に反対してる宗教もありますので、明確な対応を打ち出すのは中々難しいようです。

確かに、聖職者は人を導き救う立場にある職業であり、人に罰を下す裁判と言う行為に抵抗を感じる聖職者もいるでしょう。また、新約聖書で(私的に)人を裁く事を禁じているキリスト教や、人間は不完全なものであり正義たり得ない(=人を裁くに値しない)存在だとしている浄土真宗など、「人を裁く」事に否定的な宗教もあり、そのような宗教の信者には裁判員に抵抗を感じる人も多いはずです。

欧米では、聖職者に対して陪審員制度が免除されている国もあるようですが、今の所、日本には聖職者に対する明確な制度はありません。

ただ、裁判員法が作られる過程で、宗教上の問題に関する議論はなされていて、今後、追加的な法令で対処される可能性はあります。しかし、職業として宗教に携わっている人ならともかく、それ以外の一般の信者をその対象に含める場合、どのような客観的根拠を元に判断するかが問題になります。

現在の法令では、「裁判官が認めるにたる根拠」を示せば、裁判員の辞退ができるようですが、何となく、政治家が裁判官に問題を丸投げした感じはありますね・・・線引きが困難です。まぁ法律ってそんなものなのかもしれませんが。

宗教のような考え方の問題は、外側からは見えにくいものなので、裁判官も判断は難しいでしょう。



そんな裁判員制度が、五月から実際に始まる訳ですが、宗教的な問題以外にも、裁判員に任命される事による裁判員への不利益やテレビ報道などに影響された裁判になるのではないかと言う懸念など、様々な問題を抱えているようです。

裁判は、政治家や裁判官、裁判員など裁く側の人間にとっては多くの裁判のうちの一回ですが、裁かれる側にとっては一生を決めるものなのですから、「試しにやってみる」は許されません。

本当に必要な制度なのかも私にはよく分かりませんが、海外には実際に行われている国が結構ありますので、一定の効果はあるのでしょう。

せっかく国民の義務を増やしてまで行う制度ですので、上手に運用して、よい成果を上げたいものです。

裁判員制度は裁判制度の向上だけでなく、裁判員となる国民の意識も向上させるものだと思います。この制度が、各人が人を裁くに値する人間となるよう日々努力するきっかけとなるのであれば、より高い成果が得られる事になるはずです。


posted by new_world at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人には向き不向きってあると思うんですよね。

私はこんなの絶対できませんね。o○
重さに耐えられないというのもありますが
異常に男の犯罪にイラダチを感じますし、女と男が同じことをしても
私の中ではやっぱり男の方が悪くなることが多いですよ(笑)

こんな人も沢山居ると思いますけど、大丈夫なんですかね?(苦笑)
Posted by マチルダ。 at 2009年01月12日 10:23
マチルダ。さん
返事が遅れてすみません。

向いてる人の方が少ないでしょうね・・・しかも、死刑判決とかにも参加させられたら、他人に「死になさい」と命令する事になる訳で、冷静に考えれば、社会による殺人の直接的な共犯者になってしまいます。

まぁ死刑制度の下に生きている訳で、今も間接的には死刑に関与している訳ですが。


感情的になる人も多いですし、そういう観点を判定に入れるべきか、まぁ色々問題があるんでしょうね。
Posted by new_world at 2009年01月31日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。