2009年11月30日

お医者さんは風邪を引かない?

研修医をしている友達から興味深い話を聞きました。

病院に勤めている人は常に病原菌にさらされている為、免疫が通常の人よりも強くなっていて、医学研究のコントロール実験(※)として使えない。


本当かどうかは知りませんが、確かに常に病原体にさらされていると色々な免疫を獲得できそうです。直接的に接して強く感染すると発症してしまうものも、マスク経由や空気を浮遊しているもの等、間接的に薄い状態でされされると弱い感染で発症せずに色々な免疫を獲得できそうな気がします。天然のワクチン・・・は言い過ぎですが。

抗生物質などにさらされ続けて生まれる耐性菌の逆ですね(笑)

内科の開業医の先生などは毎日何十人も風邪の人に会っているのに、お医者さんが風邪で病院が休み、という事態は聞いたことがありません。

私なら三日で寝込む自信があります。

新型インフルエンザで医療関係者が倒れるって言う話をたまに聞きますが、そもそも、一つの病院に30人も40人も新型インフルエンザの感染者がいるのに感染しない方が奇跡なような気がします。

幼稚園〜小学校の子供は、既に約50%が感染したと言われていますし、ほとんど体は大人に近い高校生でも3割近くが感染しています。

そういう状況でも病院がお休みにならないのは、医者や看護士が病気に強いからかもしれません。

まぁでも、いくら豊富な免疫コレクションをお持ちの医療関係者でも、新型インフルエンザは未知の病原菌なので、感染しないはずがありません。

なので、医療関係者があまり感染しないのは、単に意識が高いから、と言えるかもしれません。



※コントロール実験
コントロールと言うのは、ある意味実験の中で最も重要なもので、実験の「ものさし」となるものです。一般に、「何もしていないもの」をコントロールとします。(既に結果が分かっているものを用いることもあります。)

たとえば、新薬の実験では、薬を投与した個体に対し、「薬を投与していない」個体がコントロールとなります。

また、遺伝子に変異を入れたものの機能を解析する場合は、「変異の入っていないもの」をコントロールとします。

中学校の理科等では、「対照実験」などと言っていた気がします。オオカナダモの光合成や呼吸を確認する為に「オオカナダモを入れていない試験管」を用意したり・・・これがコントロールです。


posted by new_world at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 科学の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が聞いた事があるのは、お医者は喉についたのが解るんだそうです(笑)
本当かどうかは知りませんが、すぐうがいすれば感染しないですよね〜。o○
私の行ってる内科の先生はマスクしてますね。

神経内科の方の医者は結構風邪ひいてて、私が同じ部屋に居るのが嫌なくらいです(ー_ー;)

うつすなよボケって言いたいくらいです。。。
Posted by マチルダ。 at 2009年12月01日 18:26
マチルダ。さん
お医者さんは風邪の初期の初期の症状を見逃さないんですかね。

まぁ神経内科みたいな風邪とは関係ないお医者さんはそのスキルを持ってないかもしれませんね。

カウンセラーや学校の先生みたいな「話す」職業の人が風邪を引くと迷惑ですよね・・・
Posted by new_world at 2009年12月29日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。