2010年02月06日

イスラム暦(ヒジュラ暦)で3年経つと1ヶ月足りない

イスラムの社会は日本や欧米の社会とは大きく異なる独自のものを色々と持っています。

その中でも特に独自なものの1つは「暦」です。

というのも、一般的に「イスラム暦」と呼ばれているヒジュラ暦は「太陰暦」なんです。しかも、日本や中国で使われていた太陰太陽暦(いわゆる旧暦)とは異なり、普通に太陰暦なんです。

初めから話が脱線しますが、我々が旧暦と呼んでいる太陰太陽暦は、実は普通の太陰暦ではありません。

太陰暦はご存知の通り「月の満ち欠け」を基準に「日付」を振っています。ただ、月の公転周期は約29.5日ですので、12ヶ月で約354日です。地球の公転周期が約365日ですので、11日足りないですよね。

この11日が何に影響するかと言うと、「季節」です。

太陽暦の私たちからすれば、「6月と言えば梅雨」「2月と言えば冬」みたいな月名→季節が分かります。ところが、太陰暦だと、「1日だから新月」「15日だから満月」のように日名→付きの満ち欠けは分かりますが、なにぶん11日地球の公転より短いので、季節はどんどんずれてしまいます。

ところが、農耕民族の私たちにとっては月の形よりも「季節」が重要です。種まきに適した季節、収穫に適した季節などを判断する為には通常の太陰暦は使えないんです。

そのずれを補正する為に中国人が考えたのが「二十四節気」を用いた補正方法です。以前このブログでも紹介したことがありますが、二十四節気というのは「太陽年を24等分した点」で、24の点を節気×12と中気×12に分け、そのうち「中気」を月名の決定に使いました。

つまり、太陽暦により12個の点を作り、その直前の新月の日を1日とした訳です。

これでどうして補正が出来るのかと言うと、一年365日を12等分すると30.4日ですが、月の満ち欠けは前述の通り29.5日です。さきほど書いた通り、「11日の誤差」がある訳です。それで3年に一度くらい、中気と中気の間に2つの新月ができてしまう時があります。

新月A→中気(ex:大寒=12月)→新月B→新月C→中気(ex:雨水=1月)

この場合、新月Aが大寒の新月として12月1日、新月Cが雨水の新月として1月1日となります。そして、その間の新月Bは対応する中気がないので「閏月」(この場合、閏12月)となるんです。

こうすることで、季節が1月以上ずれない様にした訳です。

中国ではいまでも旧暦の正月である「春節」を正式な正月としていますよね。人民大移動の春節です。ちなみに、春節は太陰暦の1日なので「新月」となります。そういえば、今年は元旦に月食があったとおり、「大晦日が満月」でしたので、14日頃に新月が来るわけですね。



と、話を戻します。

イスラム暦の話です。

結論から言うと、イスラム暦は「太陰暦」なので11日ずれますが、イスラム暦ではそれを「放置」しています。彼らの一年は354日なのです。なので、イスラム社会においては「8月は暑い」とか「4月は春」だとかいう認識がないんですよね。

11日ずつずれるので、約33年で季節が一巡します。

代表的なイスラム国であるサウジアラビアは北回帰線のあたりにあるので、普通に季節があり、日照時間も異なります。

イスラム暦で9の月が有名な「絶食月ラマダン」なのですが、残念ながら今年は太陽暦の8月11日〜、来年は8月1日〜となります。どんどん暑く、日は長くなり、イスラム教徒の人は辛いでしょうね。どんなに暑くても水すら飲めないらしいですから。



ところで、実はこの暦の違いが思わぬところで影響を及ぼします。

たとえば、「期限」です。

イスラムの人は3年間が私たちより33日短い訳です。
サウジアラビア等は法律もイスラム暦で計算されるので、特許等の期限も同じ年数だと太陽暦より短くなります。

最近はイスラム国家が産油国兼機関投資家として世界中に影響力を強めているので非イスラム社会との関わりも多方面であるでしょうから、色々大変でしょうね。

金融についても「利子」が禁止されているので、借金も預金も我々とは異なります。それで、イスラム金融なんて言う「実体をからませた」「利潤」という名の利子で運営されるちょっと不思議な金融ができあがっています。


posted by new_world at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球の科学・暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。