2010年03月06日

啓蟄

最近は雨ばかりでじめじめしていて冬っぽくないですね。寒い梅雨って感じです。

そういえば、今日は旧暦の二十四節気のひとつ「啓蟄」です。
「啓蟄(けいちつ)」とは「土の中にもぐっていた虫達が出てくる」という意味で、暖かくなる時期と言う意味です。

「雨水」とか「啓蟄」とか聞くと、どうも「旧暦」のイメージが強く、今の季節を反映していないのではないかと思われている方も多いかもしれませんが、それは間違いで、むしろ、二十四節気の機能が「太陰暦による季節のずれを補正するためのもの」ですので、今の季節感とも一致するものとなります。

定義的には、黄経が345度となる場所です。黄径というのは春分を0度とし、一年を360度に分けた値ですので、閏年が必要な太陽暦よりもむしろ太陽の位置を正確に示したものです。

二十四節気に関しては、Nippon Archivesというサイト内に京福電鉄が「京都の二十四節気を映像で紹介する」ということで「京都二十四節気」というサイトを作っています。映像の後半は京福電鉄のCMですが、なかなかいい感じのサイトでした(京都二十四節気「啓蟄」)。

興味がある方はご覧下さい。



posted by new_world at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球の科学・暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。