2005年01月18日

なぜ髪の毛だけ伸びるのか?

これは私は小学生の頃から悩んでいる現象です。

なぜ髪の毛だけ、なぜ人間だけ伸びるのでしょうか?

他の動物の毛や人間の他の体毛は伸び続けることは殆どありません。なぜ、人間の髪の毛だけ伸びるのでしょうか。
(他の動物でも冬毛夏毛のように生え変わることはありますが)

長すぎる毛は生存競争を勝ち残るのに明らかにマイナスだと思います。
かといって、孔雀の飾り羽のような雄独特(又は雌独特)のものでもありません。平安時代の貴族の女性は髪の毛を数mも伸ばしていたといいます。髪の毛はそのくらいまで伸びるものなのです。限界があるのかは知りません。

しかし、数mまで伸びるとなると野生では絶対に生き残れないと思います。襲われたらすぐにつかまってしまうからです。

つまり、この髪の毛で生き残るためには「切る」ことが必要なのです。道具によって「切る」ことができるからこそ伸び続けても生きていけるのです。

同じことが体毛についても言えます。こっちは短すぎます。衣服を着ることが前提の短さなのです。裸の状態では生きていられません。(アダムとイブのように恥ずかしいから服を着るわけではありません。着ないと死んでしまうから着るのです。)


つまり、人間から体毛が極端に短くなり、髪の毛だけが異様に伸びるようになったのは、つい最近だと思われます。少なくても、「衣服」や「ナイフ」のようなものが作れ、使えなくてはいけません。人類史には暗いので詳しい年代は分かりませんが。


聞いた話ですが、羊毛の羊は結構毛が伸びると言うことです。しかし、これは多分品種改良によるものだと考えられます。毛が伸びやすい個体を残していった結果でしょう。


ということは、人間も「髪の毛が伸びやすく」「体毛はみじかい」個体が・・・。


理由がわかりません。


また、その環境で生き残るために道具を使うようになったとは思えません。その前に死んでしまいます。
道具が使えるようになった後で、髪は伸び続けるように、体毛は極端に短くなったのです。


posted by new_world at 14:20| Comment(6) | TrackBack(1) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むかぁし読んだ本(確か白人の外国人が書いた本)に、ヒトは一度水辺の生活をしたあと(あしかなどのように)に、地上の生活に戻ったのではないか、という話がありました。
水中での生活へ適応するために、皮下脂肪をたくわえ、抵抗を少なくするために大部分の体毛を無くし、そうして、頭髪が残ったのは子供がそれにつかまるためだという。。。

昔、系統はだいぶ違いますが、「ハダカのサル」という本が流行ったの、ご存じですか? それから、「ソロモンの指輪」とか、「パンダの親指」とかいう本も。。

生き物についての本を読んでいたころを思い出しました。

えらい前のエントリーへのコメントで、失礼しました。。。
Posted by shubunkin at 2005年02月16日 18:25
こんな前のにコメントありがとうございます。

そんな説もあるんですか・・・知りませんでした。

いろいろ考えている人がいるんですね・・・。
Posted by new_world at 2005年02月17日 11:06
髪は実は人体から有害物質(水銀など)を排泄するための一種の器官の役割もしているそうです。
私の考えですが、人は体毛がなくなった結果
排泄器官である毛が全体として少なり
そのぶん髪の毛が太くなり、寿命も長くなりたくさんの有害物質を排泄できるようになったのではないかと思います。

実際、髪の薄い人とそうでない人を統計的に比べた結果、髪のある人のほうが長寿だという結果がでたそうです。
Posted by 排泄器官 at 2005年12月12日 21:51
排泄器官さん
へぇ、そうなんですか・・・確かに髪はよく抜けますよね。

なんとなく信じられませんけど・・・面白い考え方です。
Posted by new_world at 2005年12月13日 22:33
面白いエントリですね。
随分昔に書かれた記事なので、管理者さんは、もう答えがわかりましたか?


水中での生活説はよく聞きますが、
これは少し考えすぎで、答えはもっと簡単な気がします。
実は体毛消失の原因は水ではなく火だというのが通説です。
火の使用が、体毛を限りなく薄くし、
その次に道具の使用が、頭髪とヒゲが伸び続けるという奇妙な体質を生んだと
考えられます。

発端は原始人に意識(ナルシズム)が発生して、
繰り返し道具で髪を切る。
切れば、毛先の切り口が復元能力を発揮し、伸びる。
これを無限に繰り返す事で、ずっと伸び続ける毛に変容したんではないでしょうか。
あくまでもで人為先行で起こった進化だと思うんです。

例をあげると、やはり羊(ウール)でしょう。
羊の毛は人為的に刈られる事により変容しました。
もし人間が羊の毛を刈らないと、際限なく伸びてしまいます。

人為的な行動が”先”と考えれば、
この髪の疑問は全然不思議ではないように思えてきます。
むしろ次なる疑問は、意識(ナルシズム)の発生理由でしょうね。
Posted by イトバヤット at 2007年10月20日 05:30
イトバヤット さん
火ですか。そういう説があるんですね。知りませんでした。
燃えたら死んでしまいますよね。生存に直結しそうな性質なので獲得しやすそうな気がします。


確かに、繰り返し再生が行われた場合にそのメカニズムが狂って伸び続けるような変化が生じるかもしれませんね。

それと、髪やひげが伸びる個体の方が子孫を残せる率が高かったんですかね・・・たぶん、ウールの場合って、人為的に毛が伸びやすい個体を選んでかけ合わせたんじゃないでしょうか(単独の突然変異かもしれませんが)。


石器を使い始めて百万年にもなるといいますから、そういう自然淘汰が生じることも出来るのかもしれませんね(どのくらいでどの程度の変化が可能なのかは知りませんが・・・)。
Posted by new_world at 2007年11月01日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

感情って何?
Excerpt: なぜ人だけ髪の毛が伸び続けるのか?という疑問について書かれている記事を読ませてもらいました. 確かに何で髪の毛だけ伸びるんでしょうね.人より髪が伸びる速さが長い(と実感する)俺にとってはかなり興味深..
Weblog: Tomorrow Is Another Day
Tracked: 2005-01-19 22:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。