2005年02月15日

ローマ法王と男女差別

ローマ法王は『男性』しかなれないそうです。

これって男女差別じゃないですか?

天皇制にしてもそうですが、古くから続くトップには男性しかなれない場合が多いですよね。

イギリスの場合は少し違いますが、ほとんどの国の王様は男です。

男女差別が批判される世の中ですが、王が男性しかだめだということはなかなか批判されないようです。

実生活(=自分)にあまり関係ない伝統は守るんですね・・・

日本の場合も、『男性がいないから女性も考慮する』、みたいな消極的な女性天皇の議論です。

ただ、女性天皇が成立したとき、その配偶者をなんて呼ぶのでしょうか・・・なにげにすごく気になります。


posted by new_world at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。