2005年03月12日

10代で痛風の危険、6%

中高生の尿酸値を調べたところ約6%の生徒が高尿酸血症でこのままだと5〜10年で痛風の発作を引き起こす可能性が高いそうです

中にはすぐに投薬が必要なほど尿酸値が高かった生徒(約1%)もいたそうです


食べ物があふれている世の中なのでありえることではありますが…中高生の食生活の悪化は親に責任があるように思います


うちは…


posted by new_world at 14:36| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はそのパターンで、20代後半で発症しました(泣)。
10代のときに、尿酸値の意味が分からず、放置したのもいけなかったのですが。
Posted by verdure at 2005年03月12日 19:49
ブログ「ブルーシャトー」より、京都の方へアクセスしています。huntingnockの好きな京都です。
痛風を友人が患ったことがありました。
エビ・ビール・焼肉なんか食いすぎるとよくないみたいですね。

3/3の投稿拝見しました。シャチの死亡原因のこと、感じ入りました。私も札幌出身のなので、子供を守り命を落としたであろうシャチのことを思い浮かべました。
いい記事だと思います。
Posted by huntingnock at 2005年03月12日 22:09
・・・結構いるんですね。
私の周囲では今のところ聞いたことがないので知りませんでした。

ちょっと不安になりました。気をつけないと・・・。



シャチの愛情は本当に美しいと思います。

私達人間の中には『心は人間にしかない』ように振舞う人がいますが、他の動物にも『心』があるんですよね。

忘れないようにしないといけません。
Posted by new_world at 2005年03月12日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。