2005年04月12日

常任理事国という制度〜大国の定義〜

多くの国で世襲制の王制が倒れ“民主化”が進んでいる現在の世界において、常任という世襲にも似たこの制度があり続けるのに少々疑問を感じます。

この常任理事国という制度は独裁にも似ています。絶対的な世襲王制の国や中国のような一政党による事実上の独裁的政権もありますが、世界の国家が平等に集まることを意図して作られた国際連合という組織において国家間の差別をあからさまに行うことは必要なのでしょうか(影で行うのはやむを得ないでしょうけど)。

勿論、議決を円滑に行う為には大国連合の意思を優先するのも有効な手段ではあります。
しかし、現行の常任理事国制は第2次世界大戦の“勝利国”の意思を優先させる制度でしかないのです。

大国の定義を見誤っています。

『戦争に勝った国が大国である』ではおかしいのです。

勿論、『お金を沢山出した人が優先されるべき』という資本主義的思想も正しいとはいえません。

戦争を否定することは大切ですが、現在の世界においては依然「戦争」は重要な議題です。「戦争はすべきでない」という理想論だけでは世界はまとめられません。

しかし、だからといって日本が常任理事国としての責任を果たせないとはいえません。

戦争は一分野でしかないのです。


日本は戦争は出来ませんが、経済面では大きな力を持っています。
アメリカ以外の常任理事国の全てに経済力では上回っています。
日本という国家は、経済面では世界第2位の大国なのです。

経済は生活に直結します。

経済問題は戦争と同じくらい重要な議題です。


世界では“血を流す”ことを美化する傾向があり、“汗を流して”稼いだお金を下らない物だとする人が沢山います。

“金持ちの日本人”と批判するのは間違いです。
日本がここまで“金持ち”になったのは(先代が)“汗をかいた”結果なのです。

金(=汗)と血のどちらが大切かなんて決められません。



話が少しそれてしまいました。

中国や韓国は日本が「過去の償いが出来ない国」だから世界の中心に立つべきではないといっていますが、50年前、経済的には全く無力だった中国がなぜ常任理事国になれたのかを聞きたいです。

常任理事国の選抜にはそんなたいそうな美しい基準はなかったはずです。

50年たっても経済の中心に入れきれていない中国が常任理事国についていることも議論されるべきです。
まぁ勿論、人類の5人に1人が中国人という現状を考えれば、“民主主義”が主流となった世界で、中国が常任理事国に入っていてもおかしくはないと思いますが。

金は汚いもの、命は清いもの、という“理想”で日本を批判するのはおかしいです。

自らの力で“自立”できてこそ一人前であり、喧嘩が強くなったから一人前じゃないのです。

これ、当たり前のことですよね。


posted by new_world at 00:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<自らの力で“自立”できてこそ一人前であり、喧嘩が強くなったから一人前じゃないのです。これ、当たり前のことですよね。>

そうなんですよね。
でも今の日本は米がいなけりゃ何もできない総理を信任しているのが現状です。

新しい指導者の出現を望みます。

誰かいないかなぁ。
Posted by kogure at 2005年04月12日 13:07
確かに日本も政治的にはアメリカ追従とか言われていますけど、中国よりは自立できていると思います。支援受ける側じゃありません。金は稼げています。
まぁ中間管理職みたいな感じですけど。
Posted by new_world at 2005年04月13日 16:41
中国が安保理の地位にこだわるのは、ある程度わかります。私が子どもの頃、まだ大陸中国(中華人民共和国)は諸外国の承認を得られていなかった。日本も、アメリカも承認していなかった。当時は安保理は中華民国(台湾)が安保理の常任理事国だった。経緯は忘れたが、今の中国の安保理の地位は、台湾から奪い取ったものである。いわば虎の子のようなもの。
容易には他国にその特権を広げたくないのはよくわかる。当時の安保理は戦勝国、英、米、仏、中(台湾)、ソ連である。
ドイツ、日本はそのような特権を剥奪されたから今のような平和的な発展をとげられたのだと思っている。
安保理の地位なんかどうでもよいのではないでしょうか。
Posted by 3singing_chemist3 at 2005年04月13日 21:23
安全保障理事会ですから、常任理事国になれば戦争に今以上に関わることになります。
戦争をしないと憲法で定めている日本の場合、『戦争反対』側で入るべきなのですが、きっと『アメリカ』側になりますね。


ただ、やはり、常任理事国という仕組みはかなり問題だと思います。
まぁ、戦争について話し合うわけですから、アメリカなどの列強が入ってないと不都合かもしれないですね。でも、拒否権は必要ないと思います。
Posted by new_world at 2005年04月15日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。