2005年04月17日

歴史教科書改ざん?

中国の歴史教科書では日中戦争が半分近くを占めるそうです。
その一方、日本の歴史教科書では1〜2pだけで、内容も『泥沼化した戦争』と書いているくらいです。他に大した情報は入っていません。

だから、歴史教科書問題で中国が言いたいのは“改ざん”ではないと思います。

多分、『軽視』でしょう。中国では100pかけている部分をたった1pで済まされているから怒っているのではないでしょうか。

つまり、中国が求めているのは『質より量』。


中国で歴史教科書問題を訴えている若者達は、日本の教科書の内容を見たことがあるのでしょうか・・・?
日本の憲法くらいは読んで欲しいものです。

中国では日本の情報は中々得られないそうですね。

あったら政府機関から消されてしまうそうです。

それなのに不確かな情報は消されずにどんどん広まるそうで、日本はあたかも戦前の軍事国家のように本気で思っている人も結構いるとか・・・。

日本の何処を見たらそう言えるのか聞きたいくらいです。
イラク戦争で自衛艦を派遣することでもあれだけもめたのに・・・。


posted by new_world at 19:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の問題は、半分は中国の教育問題でしょう。

確かに日本国の第二次世界大戦に対する対応、教育に問題は多いと思う。
教科書で教えられないこと、つまり失敗の歴史、にこそ学ぶべき事柄って多いのです。たとえばなぜ山一は廃業し、カネボウは再生、西武グループがあのようになったのはすべて理由がある。それは上に対し何も言えない部下の存在、批判を許さない上司の存在。でも歴史を学ぶとその問題が見えてくるのです。
でも文部省検定の教科書では、ガダルカナルやミッドウェーやインパールの敗戦の歴史は教えないのです。

中国はどうだろう、元の時代ジンギスカンが東欧まで遠征した事実をどう教えているのだろう。

歴史はおたがい様の部分がかなり多い。ドイツ、フランスはナポレオンとヒトラー。

でも中国は日本からの侵略の歴史については徹底的に悪としてしか教えられないとすると、前向きな姿勢は望むことが困難となる。日本が好きな人は少数派となる。
日本もここのところ少し学ぶべきところ少なくないとは思います。少しわれわれが反省するとあの大国の世論は流れが変わると思います。
Posted by 3singing_chemist3 at 2005年04月17日 20:05
個人的な、希望ですが、アジア全体が理解しあい、協力しあうことができるようになることです。
 問題は、夫婦げんか、親子のけんか、兄弟げんか等、こじれると、悲惨だということですか。
Posted by andy at 2005年04月17日 21:19
日中韓+アセアンが協力すれば、欧州以上の政治力・経済力を得ることが出来ると思います。

18・19世紀はヨーロッパの世紀でした。20世紀はアメリカ(+ソ連)の世紀でした。
21世紀をアジアの世紀にするためにも日本もある程度は歩み寄りをしなくてはならないとは思います。しかし、やはり、中国・韓国はやりすぎだと思います。
日本側は数兆円に上る多額の支援と度重なる謝罪をしているのに、まだ足りないもっとよこせというのはどうかと思います。

今まで弱腰で来てたのが今回ちょっと強くなったからと冷戦のような状態にしてしまった原因は8割がた向こうにあります。日本が全部悪いというのは絶対に納得できません。

そもそも中華民国を弱体化させ台湾に追いやることを可能にしたのは日本なのですから、今の中国共産党からは感謝されても憎まれることはないと思います。まぁ台湾の中華民国政府は日本よりなんですけど・・・。
Posted by new_world at 2005年04月18日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。