2005年05月16日

信号待ち

大学の図書館から生協の本屋へ向かう際、横断歩道を渡らないといけません。

私がそこへ着いた時、信号は赤で、私は6人目くらいでした。
そして、また数人着て、10名ほどが信号待ちをしていました。


と、ところが、道の反対側に来た人が、おもむろにボタンを押したのです。

押しボタン式信号、ボタン押されてませんでした・・・

周囲になんともいえない空気が漂いました。


posted by new_world at 20:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押しボタン信号で、ボタンを押さなくてもちゃんと自動で変わる信号もあるんですよ。
で、それなら「ボタンいらないのに」と思うこともあります。
Posted by misty at 2005年05月16日 21:23
私も経験あるー。
前に人がいると押しているものだろうと思うんですよね(^^;
で、誰かが押す。押してなかったの???っとがっくりする。
Posted by Bloom at 2005年05月16日 22:04
多分、ボタン押さないと変わらない信号です。
ボタンを押すと車道の黄色点滅が青に変わるんです。

押されて初めて気付きました・・・。
Posted by new_world at 2005年05月16日 22:08
。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
面白い。。。
Posted by マチルダ at 2005年05月16日 22:27
こんばんは。
なんとなく、その場の雰囲気が伝わってきてニコちゃんになりました^^
Posted by さくら at 2005年05月16日 23:58
こんにちは はじめまして

私の行動範囲上にもたくさん押しボタン式信号機が存在します。
このような状況はほんとに多いので、既に人が何人いようとも、私は来た時点でガンガン押しています。
急いでいる時など早く青に変わって欲しいし、かといって近くの人に「押しました?」なんて聞くのもね〜。
特に「ガンガン押す」必要もないんですけどね。
あのボタンって意外と押した感覚が、ボタンが反応しているのかイマイチはっきりしないと思いませんか?
結構深いので、奥までぐっと押さないと・・・。
なのでつい2,3回「ガンガン」と(笑
たぶん20代だったらこんな事は出来なかったと思う。
だんだん歳をとると、なんでも平気になってくるからコワイです。
Posted by turip at 2005年05月18日 10:25
歳を取るということは凄いことですよね。

大学進学時に家電などを買いに電気屋さんにいったのですが、そのとき母が店員に躊躇なくばしばし質問をしていたのには驚きました。

恐れ入りましたって感じでした。

自分では聞きたくても聞けません・・・。


あと、こっちに来て関西のおばちゃん世代の強さを目の当たりにして戸惑うことが多いです。
私は絶対に関西で客商売は出来ません・・・。


あ、でも、押しボタンを何回も押す人は結構いますね。急いでいる人とか何度も押しています。
私の友人にもいます。あれ、無意識なんですかね・・・。

何度押したって変わらないことは分かっていると思いますが、やはり気分の問題なんでしょうね。
Posted by new_world at 2005年05月18日 18:17
気分・・・も勿論あると思いますけど、そうですね〜、性格のなせる業と言うほうが近いのではないですか?
それに何度押しても変わらないと思いつつも、何度か押したら何とかなるんじゃない?的発想もあったりして。
ちなみに私は当然上に述べたタイプの人間です!
Posted by turip at 2005年05月19日 17:46
何度か押したら何か起きるかもしれない、ですか・・・夢があります。

そういう考え方、いいですね。

私はマイナス思考なので、なかなかそうは思いませんね。どうせ機械だし、と諦めると思います。

やはり、何事も決め付けて行動してはいけませんね。仕組みが分からないのに1回しか意味がないとは言い切れません。

でも、たぶん、作る側は1回しか押さないことを想定しているでしょうし、その上で周りの普通の信号と連動させているとは思いますが・・・(これが縛られた思考です・・・)。
Posted by new_world at 2005年05月19日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。