2005年05月24日

エイズウイルスの遺伝子数

たった、9個です。

この遺伝子数は作れるタンパクの種類と同じです。つまり、エイズウイルスは最大で9種類のたんぱく質しか作れないのです。

ヒトは1遺伝子で複数のたんぱくを作れますが、細菌などにこの機能はありません。この、たんぱく質を9種類しか作れないウイルスが感染するだけでヒトの生体システムは致命的なダメージを受けるのです。

因みにヒトの遺伝子数は3万弱といわれています。

話がそれますが、『ヒトの遺伝子は3万弱しかなかった』と聞いたことがありませんか?

これは1遺伝子=1たんぱく質の原則から予測されていた10万という数字が頭にあったからです。タンパク質は10万種類くらいと予想されていたのに、遺伝子は3万しかなかったんです。

つまり、実際は原則の3倍以上の効率でたんぱく質を作っていたのです。

1遺伝子は平均で3000程度の塩基対からなっています。遺伝子は3万個なので塩基対は1億弱ということになります。

ところが、ヒトのDNAは約30億もの塩基対を持っているのです。

つまり、残りの97%はたんぱく質を作る部分ではないのです。今でも、その97%の部分の機能は分かっていません。その部分が作るRNAが何らかの機能を持っているのではないかと予測されたりはしていますが、まだ分からないことだらけです。


話がそれましたが、それだけ複雑なシステムを持っている私たちですが、たった9種類の道具しか持たないエイズウイルスに致命的な打撃を与えられてしまうのです。


posted by new_world at 11:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 生命の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エイズって誰がもってるかわかりませんよね。。。
広まるいっぽうですね。。。
Posted by マチルダ at 2005年05月24日 13:52
人間はイロイロ複雑に出来ているのに再生能力はホントに乏しいですねぇ〜。
ウイルスはどんどん進化してるのに、若い子を見る限り退化しているように見えてしまいます!
Posted by 玲乃 at 2005年05月24日 14:10
はじめまして。
興味深い話で、勉強になります! 自分はジャンクDNA(?)に人間の秘密・神秘が隠されていると思ってます。勝手な妄想ですが。
この97%は今後もほったらかしになるんでしょうか?
Posted by ヒーホー君 at 2005年05月24日 14:52
マチルダさん
他の先進国に比べ日本は増加率が高いそうです。
意識の問題でしょうね。

鈴乃さん
いや、人間は凄いですよ。ありえないくらい上手くできています。でも、人間は有限な存在なので結局は穴があるんです。
その穴をウイルスがついてくるんです。
ただ、免疫の一部は経験値が必要なので、菌を排除した生活をしていると免疫は育ちません。

ヒーホー君さん
たんぱく質の設計図となっている部分をエキソン、それ以外をイントロンといっています。
今の所、イントロンはエキソンを切り取った余白としか分かっていないのですが、多くの研究者が研究対象にしています。
近い将来、きっと結果が出ると思います。

ジャンクDNAの定義はよく知りませんが、多分、似た様なものだと思います。
Posted by new_world at 2005年05月24日 19:38
たまたまとおりすがりのものです。
non-cording DNAの分野は今かなりhotです。
論文数も増加し、三大誌でもよくとりあげています。
このblog おもしろいですね☆ためになりました☆
Posted by ななし at 2005年07月22日 11:55
正確にはnon-coding RNAですね(笑)
Posted by ななし at 2005年07月22日 12:03
ななし さん
ご訪問、どうもありがとうございます。
97%も分からないんじゃ興味をそそられますよね。色々説が出てきているようですね。

今後の進展が楽しみです。
Posted by new_world at 2005年07月22日 14:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。