2005年05月27日

大学のコンビニ

私の大学にはローソンがあります。昨年できた時は確か国立大学法人構内としては初めてのコンビニだったと思います。(※東大より早かったんですよ。)そのコンビニは校舎の地下にあります。
外から直接入ることは出来るのですが、どう考えても一般の人は入りにくいでしょう。

それに、コンビニなのに営業時間が短いんです。
夜間はしまっていますし、年末年始も営業していません。(構内なので酒やタバコも置いていません)

何となくコンビニっぽくないですが、コンビニが年中無休の24時間営業だと決められているわけではないのでいいのでしょう。

そもそも学食や購買があるのにわざわざコンビニを作った意図はよくわかりません。

まぁ提携の証(?)なのかもしれません。

将来的にはローソンで入学願書・受験案内の取り寄せや受験料の支払いなどもできるようにするそうです。


ふと思い出しましたが、入学手続きの時、入学金・前期授業料は郵便為替で当日持参でした。
ありえませんよね・・・手続きの日には約80万の郵便為替をみんな大学に持ってくるんです。

無用心にもほどがあります。

ほんと信じられませんでした。


妹が名古屋大学に今年から行っているのですが、名古屋大学は振込みだったようです。

これが普通ですよね。

入学金も振込みに出来ないうちの大学が、コンビニで受験料が振り込めるようになるのはいつの話なんでしょうね・・・。

あ、因みに、入学時以外の授業料は振込みです。


posted by new_world at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トーダイの女の子は重宝してるみたいだす(笑
http://todai.exblog.jp/1947578/
Posted by もりもり at 2005年05月28日 05:21
東大さんよりうちが早かったんですよ。
でも、24時間営業じゃなかったので、コンビニ扱いされていないのかも・・・。

でも、東大のローソンは普通のローソンですね。うちなんて地下なんで入りにくくて・・・しかも、教養部のキャンパスですし。

ここがうちと東大の差ですね。

結局、実はうちの方が保守的なんです。入試を見てもそうですし、大学の雰囲気も東大に比べると古風なようです。学園祭のミスコンも中止に追い込まれましたし、石垣を壊すといえば立てこもりです。
世間一般では『東大は官僚、京大は研究』とか言われていますが、かなり怪しいものです。出来た当初はそうだったのですが、今となっては・・・。

まぁ東大と比べても中々勝ち目はありませんよ。
資金力でも政治力でも頭数でも負けてまちゃってますから・・・。
Posted by new_world at 2005年05月28日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。