2005年06月06日

アブラムシ、関東で大発生

春先の暖かさや晴天続き、てんとう虫の不足などが原因で、アブラムシが大発生しているそうです。

お天道様から名前をもらった天道虫も最近は減ってきているんですね・・・その理由はよく知りませんけど、農薬とかが原因でしょうか。今朝、アブラムシの話を書きながら『アブラムシって怖いなぁ』って思ってたんですが、関東のほうではこれが具現化(?)しているようですね・・・。

中には、アブラムシが大量に住み着いた校庭の木を切っちゃった小学校もあるそうです。

農薬は子供によくないから、といって、小学校の木を切っちゃう人間ってどうなんでしょう・・・。

確かにその木を植えたのは人間でしょうけど、アブラムシがいるからという理由で切っちゃうなんて酷いです。

わがままですよね、人間って。

教育上良くないです。

小学生に『虫がいれば切ればいい』なんて教えるんですかね。

そういえば、アブラムシって人間に害をあたえますっけ?

確かに農業をされている方にとっては害虫以外の何者でもありません。植物にとってのアブラムシは、私たち動物にとっての『蚊』と同じです。

ただ、やはり、だからといって木を切り倒すほどではないように思います。

精神的に良くないですが、街中ではそこまで被害は出ないような・・・まぁ飛んできて服が汚れるくらいでしょう?

そうそう、アブラムシが飛んでくるそうですね。えさが足りなくなると羽が生えた幼虫が生まれてきて、数日で成虫になり飛んでいきます。

木を切ることはあまり解決にはならないですよね・・・。

どうせ、餌場を失って逃げた個体が他の木で繁殖して同じことになるわけですから。

まぁ木を切られたらすぐに移動できるようなものではないですけど。


posted by new_world at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 科学な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てんとう虫を天道虫と書くのですか!?

これ、本当なら、いい名前なんですね。
昨日のテレビでオオカミのことを大神、
山に住む神、と昔は言われていたと知りました。

漢字というものは時々『はっ』とさせられるものがありますね。漢字特有の美しさがあります。
センス・オブ・ワンダーですね。
Posted by MAKI at 2005年06月06日 21:17
見た感じが太陽みたいだからでしょうね。

いい名前です。


アブラムシも食べて欲しいですね。アブラムシはうちの大学にも降ってきています。授業中、ノートの上とかに不時着してきます。
Posted by new_world at 2005年06月06日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。