2005年06月07日

『神様が生物を作った』82% (アメリカ)

アメリカで、『生命の進化における神様の役割』についての世論調査がCBSテレビによって行われたそうです。その結果、アメリカ人の55%は「神が人間をつくった」と信じ、27%は「進化の過程に神が関与した」とし、「全く神がかかわっていない」とする人は13%だけだったそうです。

宗教的な背景があるのですが、ここまで神様が浸透しているとは思ってもいませんでした。

進化論の書籍を出す時には『本書は聖書を否定するつもりはない』と示さないといけないと聞いたことがありますが、このような社会であればうなずけます。

ある地区の学校では『科学で埋められない穴は何らかの知的な計画によるものだ』と普通に教えられたりするそうですから・・・異星人ですか?神様ですか?


確かに、生物学を勉強していると、本当にこんなものが自然に出来るのかと疑問に思うことはかなりあります。
でも、それは私の想像を超えているだけであって、神様で埋め合わせすべきところじゃないでしょう。

生命が誕生してから38億年。

この38億年という時間を100年程度しか生きられない人間がとらえることは難しいのでしょう。

私も全然分かりません。


posted by new_world at 19:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 政経な話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカのもうひとつの側面
オリンピックで金メダルをあれだけ獲得し、ノーベル賞の受賞者が最も多い、あの大国のもうひとつの素顔です。

いまだに神による天地創造を信じている国民が無視できない数います。進化論を教えるなという圧力団体がいます。

ハッブルの宇宙膨張論も知らないアメリカ人多いです。

スポーツ大国の裏側の超肥満体の国民の多いこと
英語以外の言語を知らない国民の多いこと
けた違いのエネルギー浪費国であることを知らないこと
アメリカ以外の国民もアメリカと同じような生活をしていると思っている国民が多いこと

あまり知られていないけれど あの大国アメリカのもうひとつの素顔なんです。
Posted by 3singing_chemist3 at 2005年06月07日 22:15
こんばんは。
いつも楽しく拝見させていただいております。
わからない事もありますが、なかなか普段の生活では
知る事のないことばかりなのでいつも今日はなにを書いているのかなって最近は楽しみにしています。

またおじゃまします。
Posted by yumi at 2005年06月07日 22:44
一体なにが生物を作ったのか??
世に生きる生命体の永遠の謎です。

神様が作ったかどうかは判りませんが、神様はいてもいいと思いますね。奇跡に近い体験とか、説明のつかない事柄に
ああ、これは神の仕業〜と感じる感性はあってほしいと思います。何でもかんでも神にすると宗教団体になってしまいますが、やっぱり人間はクールすぎてはいけないと思います。
(いけないというか楽しくない?)
科学者の方が以外と神の存在を意識してるかも?

ロマンチストに神様は宿る?
Posted by MAKI at 2005年06月07日 23:22
3singing_chemist3さん
アメリカはいい意味でも悪い意味でも個人差が大きいですからね。
一部のエリートや教養のある移民、ユダヤ人などが各業界のトップになる一方で、教養の全くない人も多くいるという国ですからね。

日本のような、全国民が平仮名と漢字とカタカナが読み書きでき、多くの人が英語を読むくらいなら出来る社会とは全然違いますね。まぁ日本の場合、いい意味でも悪い意味でも個人差が小さいです。

yumiさん
プレッシャーかけないでください・・・
確かに、学問系になると知識の個人差が激しいですからね。それをしている人にとっては当たり前でも、他の人にとっては未知の部分です。

生物学の場合は数学とか化学に比べて応用的な分野なので、比較的身近に感じられるのではないかと思います。
勿論、生物学でも基礎的な部分になるとそうでもないですけど。
Posted by new_world at 2005年06月08日 09:56
MAKIさん
普通に生きていると、神様が居た方がいいと思うことがありますね。証明できないことの存在もそうですが、犯罪者が捕まらなかった時とか、試験の時とか・・・。
生物学よりも物理学や数学の方が何となく神様を感じさせるような気がします。

科学者は意識しているかは別として、少なくとも結果的には一生懸命神様を否定しようとしてることにはなりますね。

突き詰めていったその先にある最初の一点が生じた理由が分かるまでは科学者は研究し続けるでしょう。神が存在しても、科学者は、『なぜ神が生まれたのか?』を研究しようとするでしょうね。

夢がないようですが、科学者にとっては未知の部分を明らかにすることが楽しいんだと思います。
Posted by new_world at 2005年06月08日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。