2005年06月09日

DNAの収納

人間のDNAの長さをご存知ですか?

約1.8mです。これが直径0,000006mの核の中に入っています。

これは、直径6cmの球に18kmの糸をつめる様なものです。

野球のボールが直径約7cmですので、野球のボールに18kmの糸をつめていると考えてみてください。

その糸をほぐしたり戻したりしているのです。(たんぱく質を作る際には必要な部分がほぐれます。このしくみが面白いんですが、ちょっとややこしいので書くのは諦めます・・・)

それでいて絡まらないのですから凄いですよね。



クロマチン構造.jpgDNAはヒストンという円盤型のたんぱく質に(約1.7周ずつ)巻きついています。

これが沢山寄り集まって太めの糸を作り、これが更に折りたたまれて核の中にあります。(これらの形成方法についてはあまり分かっていません)

細胞分裂のときにはそれがぎゅっと集まって染色体が出来ます。

その染色体が22対と(性染色体)2本の計46本分で1.8mです。


凄いのは複製です。

DNA複製の時はこれが綺麗に複製されます。

細胞は毎秒1000塩基対(※)も複製する能力を持っています。

驚異的な速さです。

1秒に1000文字を解読するのも大変なのに、同時に同じものを作り並べているのですから・・・。

それでいてミスは10億塩基対に1つ程度といわれています。

しかも、そのミスも修復する機能がいくつも存在していて滅多にミスは見逃されません。

これだけを見ても、生物がどれだけ綺麗に出来ているかがわかると思います。



※塩基対
DNAは、リン酸という酸とデオキシリボースという糖が交互に連なった鎖の、その糖の部分に一つずつ塩基という物質がついてできています。

塩基は4種類(AGCTと略されます)あり、この塩基同士が相互作用をして2本のDNAをくっつけているのです。

ですから、塩基対の数はDNAの繰り返しの数ということです。

人間は30億塩基対の設計図を持っていますが、実際は両親それぞれから来た二組がある(二倍体)ので60億塩基対あります。

複製の際はこの60億塩基対を綺麗にすばやく複製します。


◇参考図書(amazonへのリンクです)
DNA (上) (ブルーバックス)

DNA (下) (ブルーバックス)

DNA複製の謎に迫る (ブルーバックス)





posted by new_world at 00:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 生命の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにち▼・。・▼」」」」ーワンワン!!
まるで手品みたいですね。
細胞分裂のときに、どうしてもDNAの複製ミスが出来ても仕方が無いような気もします。大変な事してるんですから。まさに神業ですね。勉強になります。
Posted by むっち at 2005年11月10日 16:40
むっちさん
凄いです。ありえないくらいの精度です。

ただ、ほんのちょっとのミスでも、生物にはかなりの障害になるので、慎重に・・・といっても、恐ろしいくらいの早さです。

まぁでも、そのミスの蓄積が、ゾウリムシと私たちの違いです。
Posted by new_world at 2005年11月10日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

科学と芸術の境界線
Excerpt: DNAのらせんがもつ美しさを再確認した。...
Weblog: 平凡亭日常
Tracked: 2005-06-09 14:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。