2005年06月15日

大平洋?

平洋を平洋と間違える子供がいますよね。
確かに、太平洋は“大きい”イメージです。
しかし、語源は少し違うんです。太平洋の名付け親はマゼランです。
マゼランは東を西に求めてスペインを出発しました。
大西洋を渡り、南米大陸沿いを南下し、大陸の南端を探しました。
そして、今で言うマゼラン海峡付近に到達します。

しかし、そこは嵐が頻繁に起こる海域だったのです。

一月以上もかけ、マゼラン達はその嵐の海を切り抜けて何とか太平洋に抜けました。

その、南米大陸の先にあった海は、それまでの嵐の海とはまったく異なる、風の弱い平穏な海だったのです。(マゼランは南米大陸からフィリピンまで一度も嵐にあわなかったようです)

それまで一月以上も嵐の海をさまよっていたマゼランにとって見れば、そこは天国のような海だったでしょうね。
それで、マゼランはその海を『平穏な海』と名づけたのです。

そして、日本語ではそれを『太平』の海と訳しました。


まぁ実際は、マゼランの想像を遥かに超えて広く、島もまばらである為、食料や水の補給が出来ずに「平穏な海」じゃなかったようですがね・・・。


posted by new_world at 00:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁっ!私間違える子だ(爆)
漢字を気にしてみたこと無いから
覚えないんでしょうね(笑)
Posted by マチルダ。 at 2005年06月15日 11:34
そうですか・・・。
私も漢字は苦手ですが、漢字っていいですよ。
見たら意味が分かる文字って綺麗だと思います。
Posted by new_world at 2005年06月15日 13:51
確かに漢字を追求していくと
魅力的かもしれませんね!
でも私日本人で良かったと思います。
ひらがなでも通じるでしょ?
中国の人は大変ですよ(笑)
どのくらい覚えないといけないんでしょうかね(*´∇`*)
Posted by マチルダ。 at 2005年06月16日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。