2005年07月04日

基礎代謝の季節変化

アジアの米を主食としていた地域に多く見られる体質があります。
基礎代謝が夏期は落ち、冬期には上がる体質です。

これはエネルギーを有効利用するために得た機能です。夏の体温維持には外気を使うのです。

しかし、この機能は肉食の地域の人間にはありません。
肉食は米食に比べ高カロリーであるため、エネルギーは余るほど手に入るからです。

人間はその体温を維持する為に摂取エネルギーの70%以上を使っています。
その体温維持の為のエネルギーを節約することでエネルギー使用量を減らすことができます。


日本などの農耕民族においては主食は米ではありましたが、実際は野菜中心の食事で摂取カロリーは西洋に比べ格段に低かったのです。
そのため、そのような地域の人間は夏には基礎代謝が下がり外気温を体温維持に利用していました。
冬期は年間平均より10%ほど基礎代謝が高く、夏期は10%ほど低かったそうです。
ところが、戦後になって肉食が一般化した現代の日本人は、夏期も冬季も高エネルギー状態にあるため、以前の半分の5%以下まで変化が縮小しているそうです。中には殆ど変化しない人もいるそうです。

これは日本人が栄養的に恵まれていると言うことはできますが、余分にエネルギーを摂取しているともいえます。

近世日本を訪れた西洋人は、日本人の食生活を見て驚いたそうです。

『何故、このような“草”ばかり食べているのに、あんなに丈夫で長寿なんだ?!』と。


寒冷な地域に住んでいた西洋人は生存の為に高カロリーな食事が必要だったのですが、西洋人が移り住んだアメリカやオーストラリアにおいて、肉食は必要だとは思えません。

むしろ、肉食をしていると、夏でも基礎代謝が高くなってしまうので、“暑い”んです。
そのため、西洋人には暑がりの人が多いと言います。

勿論、今の日本人もそうです。



posted by new_world at 18:59| Comment(8) | TrackBack(1) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とすると、夏バテで食欲がなくなって流動食ばかり食べたくなるのは理にかなっているのですね。へえ〜。
Posted by mika at 2005年07月04日 19:37
私も非常に暑がりです。
肉食のせいかしら?

今は肉は非常に少ないんですが。
Posted by misty at 2005年07月04日 20:46
new_worldさん、こんばんわ!そして初めまして。
「あしあと」を拝見し、お邪魔しました。

お邪魔した早々にジックリと拝読させて頂きました。
暫し素晴らしい記事に見入ってしまい、結局、全部読ませて頂きました。
大変、勉強になりました。
今後、度々寄らせて頂き、何とも繰り返し読ませて頂こうと思います。
ありがとう御座いました。
Posted by Dr.ホーリ at 2005年07月04日 22:22
mikaさん
夏ばては確かに食欲不振から来るイメージがありますね。暑いと食欲がなくなるのは、食べると暑くなるからかもしれません。
まぁ食べないと他のところに不調(=夏ばて)が生じますけど・・・。

mistyさん
(一般論ですが)温度も感覚ですので個人差はあると思います。ただ、平均的に西洋人の方が暑がりであることは確かのようです。
そして、高カロリーな食事を取っている方が発熱量が多くて暑くなるでしょうね。
そう考えると、スタミナ料理とかいって高カロリーな物を食べるのも微妙なところですね・・・まぁ夏ばてで体調が崩れるのはどうにかなりそうですけど。

Dr.ホーリさん
ご訪問ありがとうございます。
じっくり読まれてしまいましたか・・・文章は練習中でして、お恥ずかしい限りです。
出来れば、じっくり読まずに、内容だけをすくい取ってください・・・内容の方は文章より大分ましなものとなっていると思います。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by new_world at 2005年07月05日 02:43
今までよくダイエットに関しての質問を受けていたのですが、これは回答を考え直さないといけませんね。
「夏は基礎代謝が落ちるから痩せにくいんですよ」とお伝えしてましたので。
情報をありがとうございました。
Posted by waterpark at 2005年07月06日 05:18
ほんの数十年で幅が半分以下になっているようなので、このまま西洋式の食生活が続くと、どんどん西洋人と同じような体質になってしまいますよね。
でも日本人は西洋化したといっても、西洋人ほど肉ばっかり食べているわけではないので、どこまで行くかは分かりません。

あと、和食を続けている人は基礎代謝が結構変化しているかもしれません。
Posted by new_world at 2005年07月06日 07:36
ごめんなさい。突然失礼致します。
blog7です。おもしろい内容なので興味をひかれて
フラフラと「あしあと」からお邪魔しました
和食は日本人の体に最適みたいですね
肉と和食のバランスをとると基礎代謝をうまく
調整できるかも知れませんね
Posted by blog7 at 2005年07月09日 16:30
いえいえ、こちらこそ、突然あしあと残してしまってすいません。
あちこちにばら撒いています・・・。

食事って大切ですからね。
私たちは日本で生きてきた民族ですので、日本の食事があっているんでしょうね。まぁ肉食を排除する必要はないと思いますが、もう少し日本食を大切にすべきだと思います。
今の大学生とか、ビーフシチューは作れても味噌汁は作れない人とかいますから・・・信じられません。
Posted by new_world at 2005年07月09日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

基礎代謝量の季節的変動
Excerpt: メルマガで「基礎代謝量は夏に低く、冬に高くなる」と書きました。 「でも、どのくらいの割合で変化するのか?」ということを知りたくて、 ネットで探してみました。 京都の理学部生の方のブログ「京都にて〜..
Weblog: 楽しむ!ダイエット
Tracked: 2005-07-15 22:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。