2005年07月05日

虫だって風邪を引いたら熱が出ます。

いや、それだけです。

風邪を引いたコオロギの体温変化の図を授業で見ました。

私たちのような1度とか2度とかの上昇ではありません。平熱より軽く10度くらい上がります。



変温動物ですから・・・?恒温動物のような効率的な温度調節機構は持っていませんので、筋肉を震わせて体温を上げるそうです。

変温動物といっても、生きているわけですから、体内の化学反応を行う為にある程度の温度は必要なのです。ちゃんと維持しています。私たちのような内部からの効率よい温度管理は出来ませんが、震えたりして温度を上げてるんです。
ガラパゴス海イグアナが岩の上で日向ぼっこしたりしていますよね。日差しが強くて暑い時には日差しの方を向いて日のあたる面積を減らします。
ちゃんと体温の調節はしているんです。

因みに、震えると言うのは筋肉で無理やりエネルギーを消費する行動で体温を上昇する為の動作です。人間の場合も、熱が足りない場合には震えます。


とはいえ、10度も上がるグラフを見せられた時にはちょっと驚きましたね。



posted by new_world at 00:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろいです。あいつにも教えてやろっと。
Posted by comorava at 2005年07月05日 08:15
おもしろいので、私のブログのお気に入りに加えさせていただきました。どうぞよろしくお願い致します。
Posted by comorava at 2005年07月05日 08:40
こんにちわ〜
虫にも体温があったんですね。
かさかさしてる感じなので、体液とかあまり考えた事がなかったです。
あっ、でも潰した時に…ありますねぇ。(泣)
Posted by さくら at 2005年07月05日 10:28
うっそ〜ん!!
虫が風邪をひいたってどうやったらわかるんですか?
虫も人間と同じように菌とかで風邪ひくんですか?
Posted by マチルダ。 at 2005年07月05日 11:12
comoravaさん
ありがとうございます。

さくらさん
体温あるんですよ。気温よりちょっと高いくらいですが。ただ、温度を調節するのが下手なので、活動の季節などが限られるのだと思います。

マチルダ。さん
虫も生物ですから細菌やウイルス、寄生虫に感染しますよ。大腸菌に感染するウイルス(バクテリオファージ)もいます。
風邪の症状までは知りませんが、やはり、動きが鈍くなったり、震えたりするので分かるんじゃないでしょうか。
実験では人為的に感染させていましたけど。
Posted by new_world at 2005年07月05日 18:42
かぜウイルスは人間と同じものでは無いですよね?
ご存知の通り、ウチにはコオロギが常備されてまして・・・移したら大変なので。
Posted by たっちゃん at 2005年07月05日 23:51
すみません、そこはよく知りません。
でも、これだけ種が違うと同じものは感染しないかもしれません。
Posted by new_world at 2005年07月06日 07:31
おぉ〜!!
そうなんですか。。。知らなかった。。。
昆虫が死んでいるのを見て、全てが寿命とは
限らないんですね(*´∇`*)
Posted by マチルダ。 at 2005年07月06日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。