2005年07月17日

赤道ギニアの首都の位置

飛行機が落ちたそうですね。この事故で知ったのですが、赤道ギニアって不思議なところに首都(マラボ)があります。  カメルーンとガボンにはさまれた大陸側の四角い国土の方が大きいのに、首都があるのは、この、微妙な位置にある島です。歴史的背景は知りませんが、珍しい形だと思います。


赤道ギニア
赤道ギニアの位置


posted by new_world at 22:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 地理や経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですね〜
思わず息子を呼んでこの地図をみせました。
赤道ギニアという国は知っていましたが、
首都の名前もわからず場所も知りませんでした。
親子そろってアホでした。
Posted by jun_ko at 2005年07月18日 00:01
いえいえ、赤道ギニアの首都を知っている人はそうはいないと思います。私ももう忘れました。

場所も、何となくアフリカのへこんだ辺りとしか記憶になかったです。
アフリカって遠いですからね・・・。
Posted by new_world at 2005年07月18日 00:29
飛行機落ちたんですか!
知らなかった。。。
私はず〜っとだまされていたみたいなんですが
地面にあたる瞬間にジャンプすれば無傷ですむ
と思ってました。。。
今でもそんな気がするんだけど
不可能なんですね。。。
大笑いされました(///∇//)
Posted by マチルダ。 at 2005年07月18日 13:58
・・・?

どうも理解できない発想です。
どんないきさつでそう思うようになられたのでしょうか・・・不思議です。

笑うというより考え込んでしまいますね・・・
Posted by new_world at 2005年07月18日 14:19
(爆)理解できないですよね(笑)
散々バカにされました(∩∩*)ゞ
エレベーターのひもが切れて、落ちて地面に
あたったらケガをします。
地面にあたる瞬間にジャンプしたら
衝撃をうけないような気がするんです(笑)
無理みたいですけど☆
うまく説明できないほど変な話なんで気にしないでください(笑)
Posted by マチルダ。 at 2005年07月19日 12:20
ああ、なるほど、言いたい事がわかりました。

落ちた瞬間に衝撃を受けないってことですね。ちょっと長生きできます。

でも、ジャンプして着地した時に衝撃が来ちゃいます。
Posted by new_world at 2005年07月19日 18:07
(爆)やっぱりですか!!
>でも、ジャンプして着地した時に衝撃が来ちゃいます。
さらっと言われると笑いが止まりませんよ(笑)
勉強の時間をくだらないことにどうもです<(_ _*)>
Posted by マチルダ。 at 2005年07月19日 19:11
いえいえ、さっきは寝る前でした。(前日は徹夜だったので)
そして、さっき起きました。7時間くらい寝てました・・・
Posted by new_world at 2005年07月20日 02:19
すみません。
わたしも、なんだか、考えてしまいました。

「落ちる瞬間にジャンプ」というのが、そもそも無理なんじゃないかと、ない知恵絞った結果、思ったのですが。

エレベーターでも飛行機でも、落ちる瞬間は、ジャンプしなくても、その室内空間の中では、すでにジャンプ状態にありますよね、たぶん。

浮いてる状態というか?

で、(もしかしたらですが)その先に着地しちゃった床面がはね返って下から体に衝撃を加えたりするのと、自分が落ちる重力とが合わさって、激突になるのではないかと・・。
なので、もしジャンプできたとしても、それのほうが尚更、ひどいことになったりしませんかね・・?

いや、まだ今考えただけなので。

もうちょっとじっくり考えて見ます。
というか、正解をご存知の方(力学を学ばれてる方)に教えていただきたいです。

すみません、ご挨拶が遅くなりました。
はじめまして。こんにちは〜。
Posted by あしか at 2005年07月22日 11:56
はじめまして。
マチルダ。さんが言っていることは『落ちる直前にジャンプする』か『落ちる瞬間にジャンプする』かのどちらかだと思います。
前者の場合、墜落の際は飛行機も内部の人も速度は500km/hくらいから0に急激に落ちるわけで、急激な慣性力がかかります。
これはジャンプしていようがしていまいが同じです。落ちた瞬間に座っている人は強烈な慣性力を受け、その方向の最初の接点にぶつかって衝撃を受けます。ジャンプしている側も同じで、その瞬間には衝撃を受けませんが、座っている人と同じく、慣性力の方向の最初の接点で慣性力を打ち消す衝撃を受けることになります。

飛行機内という系が負の加速度を持つことで計算は出来ると思います。

後者の場合、落ちる瞬間にジャンプするということですが、飛行機が変形しないとすると、500km/hをごく短い時間で0になる、つまり、一瞬で500km/hに加速するのと同じ力が加わるわけで、戦闘機やスペースシャトルなどで言う〜Gなんかよりも遥かに大きな力が加わることになります。なので、ジャンプすることは人間では無理でしょうね。

高校物理の範囲では、たぶん、こんな感じだと思います。
Posted by new_world at 2005年07月22日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。