2005年07月19日

御船町〜日本初の肉食恐竜化石が発掘された町〜

熊本市の南方に位置する御船町。この町は、化石の町です。日本で初めて、肉食恐竜の化石が見つかった場所です。

1979年、約9000万年前の“肉食恐竜”ミフネリュウの歯の化石が発掘されました。これが、日本初の肉食恐竜の化石です。


ミフネリュウはテリジノサウルス類の恐竜だと考えられています。テリジノサウルスは余りよく分かっていない恐竜で、足が2mくらいで、70cmほどの巨大な爪あることくらいしかわかっていないようです。

御船層群では、ミフネリュウ発掘以後、発掘が進められて、同様の肉食恐竜の骨や日本最古の哺乳類など多数の脊椎動物の化石、更には、日本で2例目の翼竜の化石などが相次いで発掘されました。

また、その近辺でも多くの化石がまとまってみつかり、その一体は「御船層群」とよばれています。

他にも、ティラノサウルス類の化石や、ジュラシックパークで活躍した小型肉食恐竜ベロキラプトルの仲間(ドロマエオサウルス類)の化石も見つかっています。


posted by new_world at 00:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 熊本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!

アロサウルスってジュラ紀でしたよね。
日本のあたりにもいたんですね〜。
テリジノサウルスも肉食って知りませんでした。草食かと思ってました(^_^;)

ジュラシックパークや化石を見ていると、こんな大きな爬虫類がいたんだな〜ってつくづく思いますね。
Posted by peanuts at 2005年07月19日 06:20
アロサウルスは・・・確かにアロサウルスはジュラ紀ですよね。(ジュラ紀のアロサウルス、白亜紀のティラノサウルスと覚えた記憶があります)
でも、御船層群は白亜紀だったはず・・・と調べてみたら白亜紀でした。

ということは、間違った情報・・・?

ということで、一応削除して、ティラノサウルス類に変えておきました。こちらは確かの情報です(博物館)。
アロサウルスの方は観光案内だったのでいまいち信憑性にかけます。もしかしたら何も考えずに載せたのかもしれません。御船の博物館にはアロサウルスの全身骨格レプリカ(アメリカ産)があるのです。観光案内はそれにつられたのかもしれません。

ただ、白亜紀の化石層なのに何故ジュラ紀のレプリカを博物館に堂々とおいているのかは疑問ですが・・・しかも、目玉にしています・・・。


と、こんな感じで訂正しておきました。

peanutsさん、気付かせてくれて有難うございました。
Posted by new_world at 2005年07月19日 13:15
peanutsさん

とはいえ、恐竜って本当にいたんですよね。あんな大きな爬虫類がいたら怖いです。
あれだけ大きな体を維持できたくらいに環境がよかったんでしょうね。

化石って子供の頃欲しかったもののひとつでした。今も結構興味はあります。来年、暇があれば古生物学の授業でも取ろうかと迷っています。
Posted by new_world at 2005年07月19日 13:16
御船の恐竜博物館に行ったことがある。
恐竜は忘れたけど、綺麗な琥珀がいっぱい置いてあったのを憶えてる。
Posted by Taizo at 2005年07月19日 21:27
私は御船に入ったことないです・・・

でも、恐竜がメインだと・・・
Posted by new_world at 2005年07月20日 02:34
でもでも
Posted by っっっっっh at 2005年08月19日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。