2005年07月19日

クール・ビズ なんて何処吹く風・・・

小泉首相が推進しているCOOL BIZ。ノーネクタイ&ノー上着を推奨していますが、世間では首相が言ってもなかなか浸透しないようですね。

ところが、大学の教官を見てみると、ノーネクタイ・ノー上着どころか、ノーワイシャツの教官が普通にいます。Tシャツは普通で、凄い人はタンクトップで講義室に現れます。若い教官だと、学生と区別がつきません。

講義はビジネス(←クール・ビズのビズ)じゃないのかもしれません・・・ビジネスじゃないならビジネススタイルじゃなくてもいいですね。

大学の教官は服装の自由がかなり認められているようで、学会などの時にはスーツを着るのでしょうけど、特に理系の場合、研究室でスーツは着ないので、その流れで講義の時にも身軽な格好のようです。(スーツっぽく上着を羽織ってくる教官はたまにいます)

だからか、文系の教官はスーツの人が多いですね。
勿論、スーツを着ていない文系の教官も結構います。

よく知りませんが、決まりはないんでしょうね。


posted by new_world at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
わたしは今、スーツ着る事はないけどクールビズ、大賛成です。
そうやってビジネスにはスーツにネクタイもいいけど、そうじゃなくったってできるんだっていう考え方が一般化していってほしいです。その方が個性が出て楽しくなる。
私もえらくなったらノーネクタイのオシャレで公共の場に顔を出したいです。
ネクタイって男性器を表してるって、聞いたことがあが・・・。
Posted by comorava at 2005年07月19日 21:27
服装の自由はある程度認められた方がいいですよね。まぁだらしない格好になるのは駄目ですが、スーツみたいな堅苦しい格好をする必要はない気がします。

ネクタイって男性器を表せいてるんですか・・・?知りませんでした。
Posted by new_world at 2005年07月20日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。