2005年07月20日

実習で感染するなんて・・・。

実習でO-157に感染して一時は意識混濁になり集中治療室に運ばれていた阪大の医学部の生徒、実習時に白衣も着ていなかったそうです。病原菌を扱うのに白衣も着ずに実習するのを許すんですね・・・しかも、防菌措置も徹底されていなかった上に、消毒も不十分だった様です。

白衣を付けさせなかったり充分に消毒をさせなかったりと、大学の管理の問題もありますが、実習を受ける学生の意識の問題の方が大きいと思います。

きっと、色がついたりする可能性がある実習だったら白衣を着ていたでしょうし、手が汚れていたら洗ったでしょう・・・菌は見えないから油断したんだと思います。医学部の生徒とは思えませんが・・・

それに、服に菌がついていたくらいで経口感染してしまうものでしょうか。

砂場で遊んだら手を洗いましょう』とか『食べる前は手を洗いましょう』という幼稚園に入る前には教わっているはずの事をしなかったのではないかと思います。

病原性の強い菌を扱う実習の後に消毒しないでいられるなんて信じられません。

まだ砂場から帰ったら手を洗う幼稚園生の方が賢いです。

大学側は『防毒・消毒を徹底して、今後、病原性の高い菌の実習は控える』とか言っていますが、生徒側の過失も問うべきだと思いますね・・・


posted by new_world at 17:44| Comment(14) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワタシも染色の実験で似たようなことしました。
あの口で吸って量はかるやつで「吸ったらあかんよ!」って言われてたものを吸っちゃいました!
生きてるから平気なのかな?

今日はワタシはものっそい体験をしました。


……ゴキってやっぱりばっちい?(T T)(T T)(T T)(T T)(T T)(T T)
Posted by クロネコトマト at 2005年07月20日 20:46
えぇっ!

そんなことって起こりうるんですか!?

私の微生物実習は冬からですが、聞いたこともなかったのでびっくり。
普段のラボではうるさく白衣着用を言われないので…あっ、でも微生物専門の先生は良くおっしゃってますね。

えぇぇ、びっくりしました。気をつけます…。

そういえば、岡崎フラグメント、いいですよね。この春に勉強してましたが、なんだか他の生物用語の中で浮いてるなぁと思ってしまったのは私だけ…?
Posted by cobatch at 2005年07月20日 21:31
白衣の問題というよりは、清潔操作が出来ていなかったのではないでしょうか?

そもそも清潔操作が出来ていないと、分離培養とかもうまくいかないはずなんですけどねぇ・・
Posted by south_of_the_border at 2005年07月20日 22:04
クロネコトマトさん
ホールピペットの被害者は結構いますよね・・・でも、あれ、ピペッターを使えば口で吸わなくてもいいんですけど、なぜかどこも口で吸ってますよね。

普通に生きているなら大丈夫でしょうね。

cobatchさん
微生物って見えないから怖いですよね。まぁあちこちいますが。

岡崎フラグメントって別に自分の名前をつけなくても・・・って思いましたが、まぁ、他のものでも結構人名がついているのはありますので、いいんじゃないでしょうか・・・日本人の名前がついていることはまずないですが。
Posted by new_world at 2005年07月20日 23:59
south_of_borderさん
私も服に付着したくらいでは・・・と思いますが、以前、病院で“ネクタイ”を通して院内感染が広がったような話を聞いたことがあるので、もしかしたら白衣も原因かもしれません。まぁでも、院内感染の場合は、白衣を着ていても伝染したんですが。

でも、消毒を徹底しなかったのはおかしいですね。O−157や破傷風菌、黄色ブドウ球菌を扱う実験で消毒が徹底されていないのは誰が見ても間違っていますよね・・・。

詳しい実験内容は知りませんが、なんか、培養したものをプレパラートに移して標本を作るだけだったようなことが新聞には書いてありました。
Posted by new_world at 2005年07月21日 00:00
なんだかこういった事から菌への軽視がはじまり後々大問題になりそうですね
もうすでに問題ですが・・・

他に被害者が出ない事を祈ります
Posted by kawausosan at 2005年07月21日 09:09
お医者さんは菌とは切っても切れない仲ですからね。
もっと意識をしっかりもって、きちんと勉強してもらいたいです。

これまで出ていなかったのが不思議ですよね。だんだん指導がおざなりになってきたというのもあるでしょうが、医学部の生徒の方の医学に対する意識が下がってきているのではないかと思います。

医者一人作るのに何億って税金がかかるらしいですから、もっと頑張ってもらいたいです。
Posted by new_world at 2005年07月21日 16:46
この事件
TVで、見て恐いな〜
おもたんどす

一つは、こんな人が
勉強してもしもこういう仕事に就いたら
どうなるの?

もう一つは、この学校と生徒は
感染へ脅威をしらないの?
そんな学校は人に何を教えるの?
その生徒は、学問は出来ても
モラルがないとは
小学校又は家庭で
やり直していただきたい

雪印の事件で
子供さんが一人亡くなられたはず

これは、殺人未遂事件に近い
事件だと思います
Posted by 京の姉さん at 2005年07月21日 22:11
Posted by 贋ゼンメルワイス at 2005年07月21日 23:56
京の姉さん さん
『学力低下』と叫ぶ親は沢山いますが、学校を責められるほど大した教育を本人はしていませんよね。
家庭で出来ないことを学校に押し付けるのはどうかと思います。

基本的な考え方や習慣っていうのは家庭で身に付くものだと思います。

ただ、だからといって管理側の責任がないわけではないです。
管理側はそれでも問題は起こさないような努力はしなければならないでしょうね。

贋ゼンメルワイス さん
手の洗い方ですか。親とか小学校とかでよく言われましたよね・・・
Posted by new_world at 2005年07月22日 01:55
すごいハナシですけど、起こりうる話ですよね。
微生物をはじめて実験で扱ったときには、滅菌、滅菌の連続で、なんだか特殊な世界だな〜と思ったものです。

よりによって、顕鏡の実習にO-157使わなくても・・・と思ってしまいますが・・・。
Posted by moako at 2005年07月23日 02:15
感染するために彼らは生まれてきているわけですから、感染してもおかしくないですよね。

O-157の他にも、破傷風菌や黄色ブドウ球菌が使われていたそうです。
Posted by new_world at 2005年07月23日 05:06
髪・服・手どこについても菌の生命力は強いもんで、人と人を介して感染しちゃいますね。院内感染が問題になるのもわかります。
しかし、阪大の事はあきれてしまいました。
自分の感染防止ができない医学生が将来医師になることが恐ろしい。こういう人が感染源になるんでしょうね。
Posted by 玲乃 at 2005年07月23日 13:56
ほんと医学生が実習で感染して集中治療室に運ばれるなんて落語か漫才の世界ですよ・・・

空気で感染するならともかく手についたもので感染するのは不注意というか非常識というか。

まぁでも、今回集中治療室に運ばれた生徒は自分に足りなかったものを実感しているんじゃないでしょうか。
他の医学生も、これを他山の石にしてほしいです。
Posted by new_world at 2005年07月23日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。