2005年07月23日

熱帯夜

熱帯夜とは『最低気温が25度以上の夜』のことですが、問題はそこではありません。今の日本では、野外に寝ている人はごくわずかで、殆どの人が室内で寝ていると思います。つまり、問題は室温なんです。

私の部屋の時計にはアラーム機能は多分ついていませんが、温度計はついています。

そのため、毎朝、時間を確認する時に必ず室温も目に入ってきます。

大体、最近の室温(午前5時〜6時)は30〜31℃です。高い時には33度くらいあります。(もしかすると私の部屋だけかもしれませんが・・・)

実際、25度まで下がると少し寒いと思います。クーラーの設定温度でも26度〜29度です。

まぁ最低気温が30度とかになったらお手上げですが。都市部ではヒートアイランド現象で夜まで真夏日なのは日常茶飯事のようです。

外気は25度まで下がっても、室内にはヒトという天然の暖房(←少し言いすぎです・・・)や熱を発する家電が存在していますので、密閉していると自ずと室温は上がっていきます。
まぁヒトの発する熱は80w(=J/S)程度(睡眠時はもう少し低いかもしれません)ですが、それでもそれが維持されることを考えれば結構な熱源になります。

私は真夜中の真夏日を扇風機で乗り切っていますが、その命の恩人である扇風機様も私を冷やしてくれる代わりにせっせと熱を放出してくれているようです・・・。


《結論》
この季節、私の部屋は私がいる限り30度をきることはないんでしょうね・・・

なんか、ハイゼンベルグの不確定性原理なみに悲しいです・・・


※ハイゼンベルグの不確定性原理
詳しくは知りませんが、観測することは対象に変化を与えてしまう行為なので、正確な観測は不可能である、といった感じの原理だったと思います。(前、物理化学でやった気が・・・)

確か、『電子の速さと位置を同時に測ることはできない』とかだったと思います。


posted by new_world at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ数日少し涼しいですが、8月が恐ろしいです。
夜になって外が少し涼しくなっても、建物自体が熱を吸収してしまっているみたいで、部屋の中の方が暑くて暑くてたまりません。古いアパートだからでしょうか?私も室温を計ってみようかしら?
Posted by おい at 2005年07月24日 00:24
建物の熱もありますよね。京都は先週、連日33〜35度くらいまで上がってました・・・

私は30度が涼しく感じるようになりましたよ・・・
Posted by new_world at 2005年07月24日 01:09
ごめんなさい。突然失礼致します。blog7です
換気扇で室内の空気を出して、扇風機を回して室内の空気を拡散すれば
少しは体感温度が良くなると思いますよ
冷房ばかりは健康に良くないから僕も良く使ってる手です。
良かったら試してみて下さい。
Posted by blog7 at 2005年07月24日 12:00
部屋に換気扇がないんで・・・でも、換気扇って結構凄いですよね。

そう、扇風機を外に向けると、気温は下がるんですが、風がないので初めはちょっと辛いんですよね・・・扇風機を二台置くという手もありますが、今は扇子で頑張っています。
Posted by new_world at 2005年07月24日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。