2005年08月13日

101歳の力

私の曾祖母は101歳です。
でも、免疫はちゃんと働いているみたいです。

皮膚“炎”がおき、それが治ったそうです。炎症は免疫の働いている証拠です。


生きているのですから当たり前なのですが、なんか、ちょっと感動しました。


posted by new_world at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごおすな〜
人間の生命力って
すごく個人差があるような気がします

以前から
精神的なものが大きく関与する
気がします
やはり戦前の方は、強い!
Posted by 京の姉さん at 2005年08月13日 17:31
すごいですよね。

曾祖母は“お迎え”を待っているのですが、なかなかきてくれないようです。



ただ、動脈瘤があるようです。
“爆弾”を抱えた身ですが、本当によく話します。少々認知症が入っていて同じことをよく聞いてきますが、陰口もできないくらい耳はいいです。


私の母もああなりそうで怖いですね・・・私の方が母親よりも早く死にそうです。
Posted by new_world at 2005年08月14日 22:11
凄いですよね。。。101歳。。。
私の家系には長生きのDNAは無いので無理ですね(笑)
new_world さんは長生きできますよ(*´∇`*)
Posted by マチルダ。 at 2005年08月14日 22:14
マチルダ。さん
私はちょっと長生きは無理そうですね・・・体はあまり丈夫じゃないです。
私に比べて、母親はすごいですね。風邪すら殆どひきませんし・・・。
Posted by new_world at 2005年08月14日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。