2008年08月17日

阿蘇中岳火口 (05年08月19日投稿分を修正)

阿蘇にある私の大学の火山研究所に遊びに行ってきました。

地震計の写真を撮らせてもらうのが目的でしたが、せっかくだからと教官が阿蘇の火口へ案内してくれました。(私一人だけのために、火口まで車を出してくれました。感謝。)

ほんと、凄いです、凄すぎです。二度目でしたが、なんか、もう、興奮しちゃって火口に落ちてしまいそうでした。

やっぱ、地球って凄いですね。

無意識にすごいすごいと連発してました・・・。

しかも、今回はカメラ持参で行ったので、写真をばしばし撮ってきました。ただ、ちょっと興奮しすぎたのか、ピンボケ写真がたくさん・・・見せられるものは殆どないです。

なんとか見られるものをいくつか載せたいと思います。

でも、実は、あまり載せたくはないんですけどね。私の撮った写真では感動のカケラも伝えられないので、これを見ちゃったら阿蘇山に行く気がなくなっちゃうと思います。まぁ逆に必要以上に悪く取れている辺りが、“感動のカケラ”なのかもしれません・・・




阿蘇火口.JPG

中岳の火口です。ジェット機みたいな音がしています。今日は雨上がりだったため、いつもより沢山蒸気が出ていました。

ほんとに、ジェット機のような音がしてるんですよ。

そして、もうひとつすごいのが火口の側面です。

あまりいい写真が無かったので載せていませんが、あり得ないくらいに絶壁で、しかも、赤や黄色、中には青っぽい部分までさまざまな色があります。

火口にたどり着く前に、この絶壁に感動しましたね。本当に日本らしくない、豪快な景色です。

この感動を味わう為には、ロープウェーを使わずに、ロープウェー阿蘇山西駅から歩いて火口まで登ること(30分くらい?)をお勧めします。

ロープウェーの阿蘇山西駅には有料と無料の駐車場があり、車を無料の方に入れて、そこから歩道を登れば、(多分)お金要らずに火口の見物ができます(その駐車場から火口までは有料道路になっています)。歩いて登っていくと、次第に、日本的な山の風景がダイナミックな非日本的な風景へ変わっていきます。凄いですよ。


火山実習 火口 カメラ.JPG

ちなみに、火口の写真は、観測カメラの台から撮りました。観測カメラは2台あり、もう一台は、この写真中央、煙の境目に見えている、突き出した部分です。危険であるため立入禁止区域になっていますが、火山研究所の関係者などはヘルメット・ガスマスク装備の上で入ることができます。本当に貴重な体験をさせてもらいました(二度も)。

遠くから見ると、ちょっと怖そうですが、実際に乗っていると、そうでもないです。

ただ、火口は侵食して広がることがあり、以前、このカメラ台が崩れ落ちたこともあるそうです。どこかに残骸もあると教官は話していました・・・やはり、ちょっと怖いですね。


危険なため、観光ではこの写真の所までしか入れません。まぁ火口までの距離は立入禁止区域と大して変わりませんが、立入禁止区域には手すりとかはないので、ちょっと生な火口ですね。

観光客が多い日にはガイドの方が出ているようです。今日も、ガイドさんが大声で説明していました。


posted by new_world at 15:42| Comment(12) | TrackBack(0) | 写真の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
火山は活動しているとすごい迫力ですね。最近富士山のふもとに行きましたが、これが爆発したらとんでもないことですね。
Posted by t.t at 2005年08月19日 17:39
こんなにモクモクと蒸気?があがっているって何か怖いです。
爆発ってしないんですかね?
最近地震も多いし何か起こってもおかしくない気が。。。
Posted by マチルダ。 at 2005年08月19日 17:49
 お誕生日おめでとう御座います。

 夏休み23日目ですか〜。

 飴細工XPはまだ一週間経ってないんですが、もうすでにだれだしてます。

 やりたい事一杯あったはずなんですが、やる気が起きませんw
Posted by 飴細工XP at 2005年08月19日 21:58
阿蘇山の火口なんて小学校の修学旅行以来です。
温泉にでも行って、久しぶりにあの雄大さに触れてみたくなりました。
Posted by waterpark at 2005年08月20日 02:20
とても懐かしいです・・・。
もうかれこれ10年以上も前・・・火口を覗き込みました。
怖い、すごい、いろいろ同時に考えたけど、
ゴジラの映画を思い出すのは、私だけでしょうか・・・
Posted by あおのそら at 2005年08月20日 05:01
Happy Birthday!!

1日遅れてしまいましたが…。


夏休み、いかがですか?
まったく勉強やる気が起きない私ですが、あと2週間ちょいで大学始まってしまうので、そろそろ生活を戻そうかと思っています。
やっぱ休みは過ぎるの早いですねー
Posted by cobatch at 2005年08月20日 13:28
阿蘇山は小学校の修学旅行で行きましたよ。
火口から蒸気が上がるのを見てなんか怖いっと思ったのを思い出します。
Posted by 玲乃 at 2005年08月21日 00:39
火山活動を目の当たりにすると、地球はまだまだホットに生きていることを実感します。
地震が起こっても不思議ではないわけです。
自然の前に立つと人間の非力さがわかって怖いです〜
Posted by misty at 2005年08月21日 01:05
t.tさん
阿蘇火山の活動は適度な規模で、火山活動を見ることができて、人も近づくことができるのです。これ以上活発になると、火山ガスの影響で近づけなくなってしまいます。
珍しいので、観光にはうってつけの場所なんです。

でも実際は、活動中ですので、全くの無害なわけではないです。


マチルダ。さん
地下では時々水蒸気爆発が起きるそうです。地下水と高温のマグマなどが接したとき、急激に体積が膨張して“爆発”します。
まぁでも、今の阿蘇山は穏やかなものらしいですよ。

煙は基本的に水です。雨水がたまって、それが高温の岩石で熱されて水蒸気になっています。それが空気に冷やされて白く見えているのです。この日は雨上がりだったのでいつもより余計に煙が上がっていました。
ただ、勢いよく“噴出している”のは火山ガス(硫化水素など)です。
Posted by new_world at 2005年08月21日 13:46
飴細工XPさん
誕生日でした・・・そろそろ数えたくなくなる歳です。

私もだれていますね・・・もっと勉強したいことがあるのですが、このバテ具合では京都に帰るまではできそうにないです。
弟とかは夏休み終盤なんですが、こっちはまだ半分残っています・・・大学の夏休みは少し長すぎると思います。


waterparkさん
私は大学生になるまで見たことがなかったです。こんなに凄いものだとは思っても見ませんでした。
ただ、母親は「小さいころ見に行ったけど、あんまり記憶にないなぁ」とか言ってました・・・。

温泉も沢山ありますね。火口以外の景色もいいですし、比較的涼しいです。旅行にはいい場所だと思います。
Posted by new_world at 2005年08月21日 13:54
あおのそらさん
・・・ゴジラは思い浮かばなかったです。

もっと近くで見てみたいと思いましたね。危険なのでこれ以上は近づけないのですけど・・・。

私は10年後には・・・というか、毎年行きそうな気がします。


cobatchさん
今年の誕生日はいつも以上に誕生日らしくなかったです。自分でも忘れていましたし、父親も忘れていました。(母親は辛うじて覚えていましたが・・・)
晩御飯も半分は自分で作りました・・・

相変わらず今年の夏休みもだれていますね。だれている、というか、バテている、というのが正確かもしれません。気力以前に体力が消耗しています。

ばてていても、休みが過ぎるのは早いですね。試験期間の時は、まだ続くのか〜とか思っていましたが、それと同じ期間が休みではあっという間に過ぎ去ってしまいました。
Posted by new_world at 2005年08月21日 14:03
玲乃さん
修学旅行でこられている方が多いようですね。
私は、中学生のころ、少し手前の草千里で(クラス対抗の)長縄をした記憶はありますが、あれより先に入ったことがなかったです。
まぁ地元の観光地はなかなか行く機会がないものですね。



mistyさん
火口って言うのは地球が動いていることが本当によく分かる場所だと思います。地下ではもっと凄いことが起きていると思うと、自分たちの小ささを感じますね。

生物の内部の精密な動きも面白いですが、地球の内部のダイナミックな動きも興味深いです。
Posted by new_world at 2005年08月21日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。