2005年09月19日

赤い日焼け

赤く日焼けする人は黒く日焼けする人よりも癌になりやすいらしいです。原因はよく分かっていないようですが、実験の結果、赤く日焼けする人の方がDNAの損傷が多く、癌化しやすいことが分かったそうです。

また、これは皮膚だけにとどまらず、紫外線は血液中の細胞へも被害を与える為、様々な器官の癌化につながることも分かっています。


赤く日焼けされる方は、日焼け対策をしっかりした方がいいようです。


posted by new_world at 09:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤く焼けた自分の腕を見ながら、悲しくなっている今日この頃です。
日差しをナメルことなく、これからはさらに日焼け止めを塗って対処しようと思いました。
オンタイム情報をありがとうございました。
(原因がわかれば、さらによい対処法がわかるようになるんでしょうか。それならありがたいのですけど…)
Posted by イリス03 at 2005年09月19日 11:28
色白の人って赤くなっても黒くならないんですよね。。。
私は普通の肌なので赤くなって黒くなります。
でもじ黒の人は赤くならないで黒くなるんですよね(笑)
黒いからわからないだけかもしれませんけど(*´∇`*)
紫外線って百害あって一利なしって言いますよね?
でも看護士さんに「焼かないと」って言われたんですよね(笑)
何か変な感じでしたよ☆
私は毎日外に出なくても日焼け止めを塗ってます♪(v^-^v)♪
Posted by マチルダ。 at 2005年09月19日 15:37
カロテンとかリコピンの多いもの食べるといいんじゃないですか。多分。
Posted by yoyo at 2005年09月19日 20:49
はじめまして、足跡から遊びにきちゃいました♪

私も赤くなって痛いだけでそのまま終わっちゃう
(いや、むしろそれがきっかけでアトピーまで悪化しちゃうんですが。。泣)派なので気をつけようと思いました。

為になる情報ありがとうございます。
Posted by ほろ酔いうさぎ♪ at 2005年09月20日 05:35
イリス03さん
日焼けは色々対策が立てられて分かりやすいですしね。長袖の服を着るだけで全然違ってきます。

肌が黒い人は、もう一枚上着を着ているような感じなんだと思います。


マチルダ。さん
白人の人は赤くなる人が多いですね。凄く痛そうに見えます。

紫外線が百害あっても一利もないわけじゃないです。紫外線対策をしすぎる(所謂“美白”)と内臓疾患が起こりやすくなると聞いたことがあります。適度な紫外線は必要なのですが、適度な紫外線は、日陰でも充分に得られるということです。


yoyoさん
ビタミンCとかも良いといいますね。


ほろ酔いうさぎ♪さん
ご訪問有難うございます。

極端に高いわけではないのですが、対策は必要です。
肌が弱い方は日焼け止めで炎症を起こす場合もありますが、最近は低刺激の日焼け止めなど、肌に優しい日焼け止めも出ていますね。でも、一番いいのは皮膚に直接光を当てないということでしょう。
Posted by new_world at 2005年09月20日 19:45
私の手首の日焼けはDNAを破壊しているんだと思うと恐ろしい・・・。見た目にも皮膚のダメージがわかるから皮下組織なんてどうなってることやら。
心して日焼け対策をします。ハイ。
Posted by 玲乃 at 2005年09月21日 13:14
玲乃さん
私も、大学で癌化の過程を習ったら少し怖くなりました・・・。
Posted by new_world at 2005年09月22日 14:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。