2005年09月25日

お年寄りの転倒予防

お年寄りが寝たきりになる原因で最も多いのが転倒による骨折です。そして、その転倒は、足腰の筋力低下などが主な原因だといわれています。

そのため、転倒しない体作りがお年寄りには必要なのです。

転倒しないようにと、できるだけ動かないようにさせるのは逆効果です。寝たきりにならないように寝たきりにさせるのは意味がないですし、寝たきりでないならば必ず動かないといけない状況があります。

もし、急に立ち上がったときなどにバランスを崩し、そのとき体勢を立て直す力が足になければ、そこで転んでしまいます。

運動をすることがお年寄りにも必要なのです。


その中で、ウォーキングなどが年配層に人気があるようですが、ウォーキングよりも体への負担が少なく、転倒予防の効果が高いとされる運動があります。

自転車です。

自転車は歩くより体への負担が少ないようですが、ウォーキングに比べ太ももや腰の筋肉を使うため、転倒予防に関してはウォーキング以上の効果があるそうです。

勿論、運動神経が鈍っている為、自転車の運転を失敗する可能性があります。
ただ、最近はお年寄りでも利用できるフィットネスクラブもあり、そういう場所にはエアロバイクは置いてあるはずです。また、日常生活に利用する際にも、バランスが取りやすい三輪の自転車もあります。

確かに事故の危険は伴いますが、ウォーキングよりもサイクリングの方が気軽に出来ますし、行動範囲も広がり、より遠くまで出かけることが出来ます。

もし、道路の舗装状況が良く、交通事故などの危険が少ない地域であれば、三輪の自転車などの利用も推進すべきでしょう。


posted by new_world at 18:56| Comment(7) | TrackBack(1) | 生活の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろ、私も転倒に気をつけなければ・・

「転ばぬ先の杖」なんてことわざもありますから。
「備えあれば憂いなし」ともいいますね。
最近は何事も「自己責任」が叫ばれておりますから・・・
Posted by misty at 2005年09月25日 22:43
本当に転倒予防の運動は大事ですね。
私の患者さんも8割強は足や腰の不調で、よくカーペットのヘリに引っ掛かった話をしてます。
小さい頃に歩いていたご老人がその状態ですから、車で移動に慣れている時代の今の世代は、大変かもしれませんね。
Posted by waterpark at 2005年09月26日 06:03
うちの祖母は自転車禁止令が医者からでました(笑)
危ないからもう乗るなと(笑)
見るからに危険な運転です!
でも乗ってます(爆)
腰がダメになると歩くのも自転車もダメなんですね。。。
爆裂ばぁさんなので今度はプールに行ってましたけど(笑)
痛み止めを飲みながら☆
Posted by マチルダ。 at 2005年09月26日 18:19
自分もそろそろ足腰も弱ってきたので気をつけます。
椅子に座って立ち上がるのを繰り返す、腰掛スクワットが良いとも聞きました。
Posted by yoyo at 2005年09月26日 20:28
mistyさん
歳をとってから急にスポーツを始めると体を壊すことが多いので、若いうちから少しずつ運動をしていかないといけませんよね。
うちの親ももう40代後半なので、仕事ばかりではなく運動もするように言っておかないといけません。定年まで仕事をするためにも体力が必要ですし、子供が若いうちに倒れられると経済的にも時間的にも親を支えることが出来ないので。
Posted by new_world at 2005年09月27日 09:26
waterparkさん
あと、昔の日本建築は部屋と部屋の間に結構段差があるんですよね。ふすまを通す部分とか。
母方の祖母はパーキンソン病なのですが、築150年くらいの、バリアフリーなんて全く考えられていない家に住んでいて、改築が大変だったそうです。
何しろ、台所と寝室の間に土間まであったりするもんで・・・土間は改築しようがなかったので、手すりをつけたり土間の上にシートを敷いて靴をはかなくてよくしたり、土間へ降りるところを段差の低い階段にしたりと叔父ら手作りの工夫で祖母が転倒しないように対策が講じられています。

あと、父方の祖母は腰が曲がっていて、背骨が圧迫骨折したりしていて、転倒したら危険なので、和式だったトイレを洋式にしたり、廊下に手すりをつけたりと・・・こっちは、お金があったので業者さんにやってもらいましたが。

お年寄りも、お金がある人とない人がいるので、そこも国は配慮すべきなんですよね・・・詳しくは知りませんが、今の制度では、お金のないお年寄は、体を壊して認定を受けるまで改築が出来ないみたいです。母方の祖母はパーキンソン病だったからある程度は支援を受けられたようですけど。
Posted by new_world at 2005年09月27日 09:26
マチルダ。さん
痛み止めを飲みながらプールですか・・・なんか、体にいいのか悪いのか良くわかりませんね。

でも、運動は大切ですよね。それをやろうとおもう気力が一番重要なのだと思います。歳をとるとどうしても何かをしよう、何かを変えようという気が起きないようです。

自転車や車の運転は歳をとると危なくなりますよね。うちの祖父(75歳)もそろそろ車の運転をひかえて欲しい歳になってきました。

エアロバイク、安いものは2〜3万円で買えるようです。


yoyoさん
ひざを曲げたまま力を入れる動作が太ももの筋力アップにいいみたいです。

階段も太ももの筋力アップにはいいようですが、階段は体への負担も大きく、転倒の可能性も高いので、お年寄りにはあまりすすめられないそうです。

お年寄りと呼ばれる前から地道に鍛えていくのがいいのでしょうね。仕事やら家事やらで若いうちはなかなか難しいようですけど。
Posted by new_world at 2005年09月27日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三つになれば安定するけれど
Excerpt: 最近、新しいタイプの三輪自転車が出てきています。ランドウォーカーやトライクと呼ばれる自転車がそれです。今までと違い、前輪が二つで後輪が一つです。今までの三輪タイプの自転車より目新しいこともあってか..
Weblog: サイクルロード 〜千里の自転車道も一ブログから〜
Tracked: 2005-10-02 19:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。