2005年10月31日

午前・午後と馬

昨日は臨時休業でした。すみません。


今日講義で子午線の話がありました。

子午線は南北という意味です。

十二支を北を子として時計回りに子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥と並べた時、北はネズミ、南はウマです。

だから南北に走る線、つまり、経線と平行な線は子午線なんです。その経度0の地点は旧グリニッジ天文台の本初子午線です。最初の子午線という意味です。

同様に東西に走る線卯酉線(ぼうゆうせん:音読みなので)といいます。


その話を聞いて思い出したんですが、江戸時代あたりには一日を12等分して今の午前0時±1時間を子の刻としていたそうですね。(午前0〜2時を子の刻とする説もあるそうです)

一日を十二等分する方法では2時間を4等分して1刻、2刻、3刻、4刻と数えていました。

それで丑三つ時は午前2時なんです。

それに、午前・午後の午はウマです。午後0時は真ん中の午の刻で、それより前が午前、それより後が午後というわけです。

まぁ有名な話なんで知っている人も多いでしょうね。



posted by new_world at 17:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
艮の鬼門やその反対の桃太郎などいろいろありますね。
Posted by ボンタ at 2005年10月31日 18:55
知りませんでした(笑)
Posted by マチルダ。 at 2005年11月01日 12:17
ボンタさん
比叡山が丑寅の方角ですね。私の大学も丑寅の方角です・・・。
もも太郎?ですか?それはしりませんでした。



マチルダ。さん
知らなかったですか?まぁ知ってても何のためにもならない無駄知識です。
Posted by new_world at 2005年11月02日 19:24
ちょっと分かりにくかったですね。
桃太郎の設定は、丑寅の牛の角とトラのパンツを履いた鬼、その逆の方位の申・酉・戌をつれて鬼退治。
比叡山は丑寅の方角なんですね、知らなかったです!
Posted by ボンタ at 2005年11月02日 23:34
ボンタさん
へぇ・・・確かに申酉戌って十二支で並んでますね。気付きませんでした。おもしろいです。
Posted by new_world at 2005年11月03日 16:46
巽の方角は吉方とされているとか。

大阪から見て京阪沿線が鬼門とされて開発が遅れたとか。
Posted by goma at 2005年11月05日 00:42
gomaさん
辰巳はいい言葉なんですね。苗字にも結構ありますね。

大阪から見ると京都は鬼門の方向ですよね・・・
Posted by new_world at 2005年11月05日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。