2005年11月12日

タミフルによる精神異常

インフルエンザの特効薬として需要の多いタミフルによる異常行動が問題になっています。

タミフルは、発症後1〜2日までに飲めば、インフルエンザの症状の悪化を食い止められるという革命的な薬で、インフルエンザウイルスに直接効果のある世界初の薬でした。

日本では特に需要が高く、世界生産量の半数以上が日本向けらしいです。処方の多い大きな病院では在庫切れを起こすくらいに需要過剰な時期もありました。

鳥インフルエンザ由来の新型インフルエンザへの効果も確認され、日本では備蓄を現在の1.7倍の2億5千万カプセル(2500万人分)に増やすことが決まっています。

ただ、この薬は作るのに大変時間がかかり、この薬を独占的につくっている売上世界8位の製薬会社ロッシュ(スイス)の生産力でも、その需要に全然間に合っていないそうです。そのため、海外の複数の製薬会社にライセンスを提供することも計画されています。


ただ、薬というものには副作用がつき物で、このタミフルも様々な副作用が見つかっています。

軽いものでは、まぁ副作用としてはよくある下痢や嘔吐などの胃腸の炎症です。
インフルエンザにかかってもかなりの症状が出ますので、インフルエンザの悪化を防げるという点を考えれば、全体としてはプラスとみていいです。


しかし、重い副作用もごくわずかですが確認されています。

代表的なものとして、アナフィラキシーショックや肝機能障害、腎不全や重い皮膚炎、そして、今問題になっている『意識障害・けいれん』です。

『意識障害・けいれん』とは「混乱・もうろう状態」「取り乱す」「意識低下」「筋肉のぴくつき」「全身けいれん」などの症状を出すもので、『異常な行動』につながります。


そして、その異常な行動の結果、交通事故にあったり、誤って転落したりして死亡するケースがあったのではないかと今問題になっているのです。

体の異常と違い、精神の異常によって死に至った場合、原因が特定しにくいのです。

今回の場合も、厚生労働省は、自殺と副作用のどちらであるか、判断に困ったそうです。

ただ、家族や友人、教師らは、到底自殺するような人物ではなかったと話しており、タミフル服用後の異常な行動だったため、タミフルが原因なのではないかと考えられているのです。



タミフルの需要は、昨年は日本だけで年間約1000万人分だったようです。

重い副作用はまず見られませんが、もしものことがありますので、ご家族がタミフルを服用されている時には、しっかり見ておいてあげてください。



※参考記事『DNAの構造/RNAウイルス

インフルエンザウイルスはRNAウイルスであるため、比較的変異体が生まれやすく、対策が立てにくいウイルスの一つです。


posted by new_world at 14:07| Comment(17) | TrackBack(3) | 熊本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姉の子がインフルエンザの注射をすると
ゲリですね。。。
注射のせいですかね?
怖いですね、薬って。。。
だから私は抵抗があるんですよね〜(*´∇`*)
Posted by マチルダ。 at 2005年11月12日 15:56
マチルダ。さん
私は3年位前にインフルエンザの注射をして猛烈に手がはれた所為で、アナフィラキシーショックを警戒してそれ以来注射は打ってないです。ちょうどいいタイミングでタミフルも開発されたんで、そこまでして打たなくてもいいかなぁって思いまして。

まぁ鳥インフルエンザによる新型インフルエンザはかなり怖いですね。

スペイン風邪みたいな伝説的な新型インフルエンザもありましたし・・・。
Posted by new_world at 2005年11月12日 16:20
こんにち▼・。・▼」」」」ーワンワン!!
本人の治そうとする意思とつらさを我慢することの二つでインフルエンザはなおるかな。
リンパ球と白血球のバランスで病気は治るというひとがいます。安保徹・新潟大学大学院教授と福田稔医師
Posted by むっち at 2005年11月12日 17:14
ど〜も、ご無沙汰しております。
先ほどテレビでタミフルについてのニュースをやってました。
タミフルを服用した学生が突然走り出し車にはねられて死亡したそうです。

今後も注目ですね。タミフル。
Posted by Dr.ホーリ at 2005年11月12日 18:46
同じものを飲んで副作用の出る人と、出ない人がいるというのは不思議だなぁと思います。
それほどに一人一人が違うんですね。
家族の中でさえ、風邪のうつる人とそうでない人がいます(わたしや兄の風邪は父にはうつるけど、母にはうつらなかったんです)。
そんなことを言うと、顔が違うのも不思議ということになってしまいますね(^_^;)

……全然違う話になってしまいました……すいません<(_ _)>
Posted by bow_n at 2005年11月12日 19:46
鳥インフルエンザって本当に恐いのですか?

確かに鳥インフルエンザに感染して死んだ人は、何人もいますが、統計でみると少数です。
例えば比較するとエイズ・ウイルスで死ぬ人は多いです。

これは現時点での統計で、未来にどうなるかわかりません。
医療は、「転ばぬ先の杖」で予防すべき、というのはよく聞く話ですが・・・
Posted by オオクボ at 2005年11月12日 20:37
ほんと怖いですね。
私はすごい薬だぁと思っていたもので…
薬は考えて飲まないと駄目ですね。
Posted by puramu at 2005年11月12日 23:27
先日TVで今までのインフルエンザのウィルスはすべて鳥から発生していると言ってましたが、私には信じられないことです。
エイズにしろ、人間がジャングルのような未開地を取り壊すたびに恐ろしいウィルスがこれからもでてくるのではと不安でしょうがありません。
Posted by スティービー at 2005年11月13日 12:20
タミフル?は予防接種とはまったく別ですか?(笑)
私、大きな勘違い?(・_・?)

インフルエンザの予防接種は関係ないんですね。。。
(///∇//)
Posted by マチルダ。 at 2005年11月13日 15:16
むっちさん
個人差はありますが、インフルエンザも基本的に治る病気です。タミフルを使わなくても4〜5日安静にしていれば治ります。
まぁお年寄りとか子供とかは免疫が不十分なので別の対策を立てたほうがいいですけど。


Dr.ホーリさん
お久しぶりです。
インフルエンザの季節が来ていますからね。薬に関する注意の紙ってもらってもあまりしっかり読む人は少ないそうですし・・・あの紙に書ける内容も限られています。
人間はとても複雑なんで、副作用も個人差があるんですよね。そこが薬の処方で難しいところみたいですね。

遺伝子や体の情報から薬の種類や量を決められる時代になれば、副作用を事前にある程度把握できたりもしますが、それはそれで色々問題がありますからね・・・。
Posted by new_world at 2005年11月13日 19:08
bow_nさん
双子でも風邪への抵抗力は全然違いますからね。
以前書きましたが、免疫の軸となる後天的に獲得する獲得免疫は、『遺伝子の組み換え』や『局所的突然変異』が基本ですので、遺伝子が同じ双子でもかなり違った免疫系になってしまいます。

また、獲得免疫は後天的なものですので、その個人が生活してきた環境の影響を強く受けます。

親子・夫婦はかなり違う人生を歩んできているので、免疫もかなり違います・・・兄弟の場合も、突然変異の起き方以外でも、生きている期間や、育ってきた環境は親子ほどではないにしても違いますので、やはり、免疫はかなり違っていると思います。


副作用についてはよく知りませんが、健康状態(=臓器の状態)や体質(=遺伝など)によるものが多いみたいですね。免疫の暴走もあります。


顔ですか・・・どうなんでしょうね。遺伝だけではないと思います。太っていたりやせていたり、顔の筋肉のつき具合とか、皮膚の状態とか・・・よく分かりませんけど。まぁ同じ人間ですから、猫や犬から見たら殆ど同じ顔ですよ。
Posted by new_world at 2005年11月13日 19:29
オオクボさん
確かに今の鳥インフルエンザは基本的に人には感染しません。

詳しくは知りませんが、多分、羊のスクレイピーが牛にはうつっても人にはうつらないのと同じです。

所が、狂牛病の場合はプリオンタンパクですが、変異して、牛で狂牛病となったら、それが人に移る場合があります。まぁこれも種類が違うんでごくわずかですけど。

ただ、インフルエンザウイルスの場合、RNAウイルスなため、遺伝子的に(あえて)不安定で、変異が極めて早いので、今は基本的にうつらないヒトにうつる変異体がいつ生まれてもおかしくないんです。

もし、そうなれば、今のヒトのインフルエンザ同様にうつりますし、それはヒトからヒトへうつる可能性も高いです。

あと、鳥インフルエンザはヒトのインフルエンザに比べて圧倒的に種類が多いのも問題になってるみたいです。
Posted by new_world at 2005年11月13日 19:35
puramuさん
凄い薬ですよ、かなり。いくら怖い副作用があっても、この薬の価値はそこまで下がらないと思います。重い副作用が起こるのは、(詳しい統計は知りませんが)たぶん、数万人に1人とかなんで。

お年寄りなどにはインフルエンザの方が怖いと思います。

ただ、その数万人の一人が自分かもしれないんで、知っておくにこしたことはないんです。まぁ精神異常の場合は一人ではどうしようもないかもしれませんけど・・・。


体が強い人で健康状態もよければ、安静にしておけば、タミフルを使用する必要はそこまでないのかもしれません。タミフルを使えば、1〜2日くらいは早く回復しますけど(あと、家族などにうつす確率も下がります)。
Posted by new_world at 2005年11月13日 19:41
スティービーさん
インフルエンザの由来が全部鳥なのかは知りませんが、ヒトのインフルエンザは鳥にもうつるので、鳥が媒体となってインフルエンザを広めるというのは聞いたことがありますね。

今後、新型のインフルエンザが出てくるとしたら鳥からの可能性が高いのは事実なようです。


・・・説明が微妙に長くなったので、別の記事として書きます。
Posted by new_world at 2005年11月13日 20:32
マチルダ。さん
タミフルは飲み薬です。

インフルエンザのワクチンと違い、発症後に飲むことでインフルエンザウイルスに効果があります。

現在のところ、インフルエンザウイルスに直接効果のある唯一の薬です。

また、ワクチンの場合は当りはずれがあるのですが、このタミフルは殆どのインフルエンザウイルスに効果があります。ヒトのものだけではなく、トリのインフルエンザにも効果があるようです。

ただ、このタミフル、インフルエンザウイルスを殺す効果はなく、“増やさせない”ことで悪化を抑え、治りを早くするという薬なので、早く飲まないとあまり効果がありません。
Posted by new_world at 2005年11月13日 23:25
タミフルの副作用の精神異常なのかインフルエンザの脳炎か判断が難しいですね。
しかし、いまはタミフルに頼るしかないのが現状ってのが辛い・・・。
Posted by 玲乃 at 2005年11月15日 00:11
玲乃さん
らしいですね。インフルエンザが脳へ影響を与えることもあるそうです。

タミフルがないと、多くのお年寄りがインフルエンザで命を落とすことになりますからね・・・タミフルで命を落とした人もいますが、タミフルで多くの人の命が救われていることも忘れてはいけないと思います。
Posted by new_world at 2005年11月16日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

タミフルのみ異常行動死 (「・・)ン?
Excerpt: 管理人『今回のお題は?タミフルのみ異常行動死?です。』 読キノコくん『覚せい剤ですね。((( ̄へ ̄井) 』 読キノコさん『(「・・)ン?怒ってるんですか?』 おもしろランキングはコチラから >>..
Weblog: 読キノコ?(゜口゜;)うっ・・・・・
Tracked: 2005-11-12 16:55

インフルエンザ薬タミフルの副作用に思う
Excerpt: インフルエンザの薬、タミフルの副作用と見られる幻覚で二人の少年が死亡しました。
Weblog: 鉄人ママの社長ブログ
Tracked: 2005-11-14 14:23

治療薬に原因があるのですか?
Excerpt: 世間ではタミフルが悪いと考えられているのかなぁ…信じられん。
Weblog: 吹息の徒然日記
Tracked: 2005-11-15 23:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。