2005年12月01日

雌雄A オスの闘争の多様性

オスは遺伝子のみの小さな精子を多数保有し、メスは栄養にとんだ大きな卵子を少数保有しています。

オスの精子の数に対してメスの卵子の数が圧倒的に少ないので、オスによるメスの取り合いが生じます。

多くの種においてメスがオスを選択するように出来ているのはこのためだと考えられます。


一夫一妻の動物ではそうでもないかもしれませんが、一夫多妻の動物ではメスを獲得するオス同士の争いは厳しいものとなります。


今回は、そのオスの争いの多様性について紹介したいと思います。


※長くて読みにくかったので以下を複数の記事に分けます。

@カブトムシの小さな角の機能

Aウシガエルのサテライト

Bグッピーのメスの好み

C燕には左右対称な尾が“綺麗”




posted by new_world at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生態の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。