2006年01月14日

惑星の旅〜PLANETARY JOURNEY〜

独立行政法人の科学技術振興機構の“惑星の旅”というHPがあります。

ここでは、CGや探査機によって撮影された実際の写真をナレーターが解説する形で惑星の紹介がされています。

BGMもかかっていて、博物館や科学館などでよく見られる映像展示のような感じのHPです。





HPより

人類の未知への好奇心をのせ、遠い惑星へ向かった無人探査機は、われわれの想像を絶する驚異の光景を目の当たりにしてきた。

『惑星の旅』は、探査機が捉えた200枚超の写真を映像化した壮大な記録である。

太陽系探査の到達点を体験する旅がいま始まる。



posted by new_world at 01:31| Comment(8) | TrackBack(1) | 地球の科学・暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます
あしあと履歴よりお邪魔しまいした
色々と話題が豊富ですね!!

また来させて頂きます。
Posted by 不良中年 at 2006年01月14日 05:56
不良中年さん
お越しくださってどうもありがとうございます。

話題が豊富というか、一点に絞れていないというか・・・手当たり次第な感じです。自分で面白いと思ったことなら何でも書いちゃいますね・・・。

ぜひまたお越しください。
Posted by new_world at 2006年01月14日 12:54
はじめまして。

いつも楽しく勉強させていただいてます。

ご紹介の科学技術振興機構の惑星の旅というHP見てみました。とても興味を持ちました。ありがとうございます。

これからもnew_world さんのブログを楽しみにしています。
Posted by peacew at 2006年01月15日 13:51
TBの表示が文字化けしていますよね。
何故でしょう?
何かやり方が悪いのでしょうか?
申し訳ありません。<(_ _)>
Posted by misty at 2006年01月15日 22:36
mistyさん
TBどうもありがとうございます。一応、こっちで書き直しておきました。

2006が半角だったのがダメだったんですかね・・・よく分かりません。
Posted by new_world at 2006年01月17日 03:27
あしあとからお邪魔いたしました。
素敵なサイトをご存知ですね。
このような優れたサイトはどうすれば見つけることができるのでしょうか。
珍しく美しい画像と優れた技術があればこそ、FLASHもこんなふうに生きてくるのだなと感じました。
今日はどうもありがとうございました。失礼いたします。
Posted by ポタロヤ at 2006年01月17日 20:31
ボタロヤさん
私、その科学技術振興機構のHPは結構好きなんです。

科学技術振興機構のHPには映像集というかNHKの教育番組みたいなのがあるんです。それに教官が出ていて、それで知りました。

ほんと、上手く出来ていますよね。映像とBGMとナレーターの声が凄くあっていました。

逆にあのくらいの短さがまた綺麗に感じるのかもしれませんね。NHKなどで1時間とかでスペシャルを組まれていることがありますが、部分部分が少し疎かになっている感じがあります。

でも、NHKはNHKで動物の映像とかはかなり持っているので、凄いんですけどね。

とはいえ、「惑星の旅」にしてもNHKスペシャルにしても、映像で見ちゃえば一瞬ですが、あれを撮るためには凄い労力がかけられているんですよね・・・。
Posted by new_world at 2006年01月19日 20:57
TBの修復ありがとうございました。
Posted by misty at 2006年01月19日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2006年宇宙の旅
Excerpt: 本日は昨日と打って変わって快晴です。 話は変わりますが、 new_worldさんのブログ「京都にて」で紹介されていた 「惑星の旅」はなかなか興味深く見てしまいました。 宇宙への旅は人類の憧れかも知..
Weblog: つれづれ草
Tracked: 2006-01-15 11:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。