2006年04月19日

京都市、高さ制限強化

京都市には景観の問題から建物の高さ制限があるのですが、2007年度からその規制を強化するようです。市街地である「田の字地区」(中心部の碁盤目の地区)の規制を現在の45mから31mに、それ以外の地区の規制を31mから15mに強化する一方で、公共性が高い建物でかつ良好なデザインのものであれば、制限以上の高さのものも建てられるようにする方針だとか。

市街地で31mはちょっと低い気もしますが、これも京都のためなんでしょうかね。

個人的には、高さを制限しても建物のデザインがそのままなら大して変わらないような気もしますけど・・・まぁ、建物はそれぞれ持ち主が違うんで、調和とかを求めるのは無理なのでしょうね。

飛行機や高い山から見れば多少は綺麗なのかもしれませんが、間近で見上げると、どの市街地もあまり美しさは感じられませんね・・・。

建物単体ではデザインがいい物もあるんでしょうけど、それが街並みとなると、日本の市街地は(規模の違いはあれ)どこでも同じ気がします。


posted by new_world at 21:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう十何年も前の話ですが、京都を通りがかったときふと目についたガソリンスタンドの看板。
日本石油だったでしょうか。
左上から大きく太陽が描いてある看板ですが、他の地方に比べて京都の看板の太陽は随分昇っていました。
赤い部分が少なかったんです。
「景観のためかな……?」と思いながら通ったものでした。

外国の街並みにはどの建物も【その場】にしっくりきているような感じがありますよね。
日本は「ごちゃまぜ」な感じです。
ちょっと残念ですよね。
Posted by bow_n at 2006年04月21日 14:08
bow_nさん
マクドナルドも少し違いますね。でも、「そのくらいで何が変わるんだろう?」っていつも思います。結局、京都も普通の日本の町並みになっていますし。まぁ文化財は多いですけど。

ヨーロッパは景観保護の意識が強いですからね。ロンドンやパリみたいな大都市でさえ中々高層ビルは建てられないそうです。

まぁでも、旧来の建築では大都市の需要には耐えられないようで、最近はロンドンやパリには高層ビルも建ってきているようですけど。
Posted by new_world at 2006年04月22日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

??ユ?????????????筝?罩??????????篋??遵??筝??????????????狗??綣桁?????????????
Excerpt: ??宴?????糸?????絲冴???????篁?菴????タ絮怨ぇ??????????医???????翫??????????????篋??順?鐚?紊???亥?狗??莊????
Weblog: 篏??????篏???????????罐初??篋冴???????????
Tracked: 2006-05-05 03:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。