2006年05月08日

「将来の夢」の“夢”

夢って昔から将来の希望という意味で使われていたのかと思っていましたが、実は違うようですね。

本来の日本語の『夢』は「寝ている時に見る夢」か、「夢のようにはかないもの」、あとは「迷い」などの意味で使われていたみたいです。(他にも色々ありますけど)

“将来の夢”の“夢”は、英語の意味が日本語に取り込まれたもののようです。

こういうこともあるんですよね。

言葉って面白いですね。


posted by new_world at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど・・・・

そういえば、「不可能」って言葉も
英語を和訳するために作った言葉らしいですよ

言葉って面白いですよな
Posted by 金魚 at 2006年05月13日 13:20
金魚さん
明治期にかなりの日本語が作られたようですね。

でも、あの時とりあえず日本語化(漢字化)してくれたおかげで、日本語の幅が広がったんだと思います。

最近は英語は英語のまま取り込まれる傾向がありますが、漢字変換してくれた方が意味があるんで覚えやすいんですよね。まぁ海外では使えませんけど。
Posted by new_world at 2006年05月14日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。