2006年06月12日

ヒト科の中のヒトの特徴

ヒトは脊索動物門哺乳綱霊長目ヒト科ヒト属ヒトなのですが、ヒト科(現生)には他に、チンパンジー属、ゴリラ属・オランウータン属(オランウータン科とする分類も)があります。

ヒト科はヒト+大型類人猿ですが、その中で、人の持つ生物としての特徴をいくつか紹介したいと思います。まず、最も大きな違いは生息域・生息数です。

チンパンジーやゴリラはアフリカ大陸の中西部にしか生息していませんし、オランウータンは東南アジアのスマトラ島とボルネオ島にしか生息していません。

それに対してヒトは、ほぼ全ての陸地に生息しています。


現生のヒトはアフリカを起源としますが、2.5〜2万年前にはベーリング海峡を越えて北アメリカ大陸に進出し、その後、数千年のうちに南アメリカ大陸の南端付近まで広がったと言われています(仮説)。

ヒトのアフリカからの世界進出は4〜5万年前頃に始まったといわれているので、移動開始から2〜3万年で南極・遠い離島を除く全世界へ進出したことになります


これは、狭い生息域に押し込められている類人猿とは全く異なる状況です。


そもそも、サルと言う生き物自体が寒冷地には住めない生き物です。

ヒト以外の北限のサルは日本の本州であり、それより高緯度のヨーロッパ(ほぼ全域)にはサルはいません。


それくらい、ヒトの生息域は異常なんです。




そして、遺伝的な特徴としては、遺伝子の多様性の低さが挙げられます。

ヒトの遺伝子は、他のヒト科のサルに比べて、個人差がかなり小さいんです。

しかも、遠い地域に住む民族間の違いも殆どありません

ネグロイド(アフリカ)もコーカソイド(ヨーロッパ〜インド)もモンゴロイド(アジア〜南米)も、殆ど同じ遺伝子の群(※)から出来ていて、人種独特の遺伝子は、遺伝的個人差のうちの1割未満です。


そもそも多様性の低い生物種な上に、遺伝子の地域差が殆どないんです。

これだけ広域に生息している人類なのに、遺伝子が殆ど変化していないんです。

つまり、ヒトは、遺伝的な環境適応を殆ど行っていないと言うことです。


南極大陸以外の全ての大陸の、海抜0mの平地から標高数千mの高山地帯、森林から平原や砂漠、太平洋の島々まで生息域を広げているのに、遺伝的な適応が殆ど見られないんです。

他の生き物であれば様々な適応をしているものです。

あらゆる生物種の中でも桁違いの生息域を誇りながら、生息域に適応した進化を行っていないんです。



勿論、その理由は短期間のうちに全世界へ移動したことにあると思います。

というか、短期間に移動できたことにあると言えます。


つまり、ヒトは、環境適応があまり必要なかったのです。


ヒトは太古から、環境に適応するよりはむしろ、環境を自らに適応させてきたんです。

衣服や火を用いた温度調節や、ここ1〜2万年は現地の動物の家畜化や農耕による食料確保など、様々な方法で環境を適応させてきたんです。



そのため、遺伝的な環境適応が殆どいらず、短期間で世界中に広がることができたんです。

今では科学の力を借りて南極にも進出しましたし、水中や宇宙空間にも長時間滞在することも可能です。

近いうちに地球外の星へも進出しそうです。


これが、ヒトの持つ、遺伝子以外による適応なんですよね。



※遺伝子の群という表現について。
同じ遺伝子と言うと双子のようなイメージになってしまうので、同じ遺伝子の群と言う表現にしました。

これは血液型などを考えれば分かりやすいと思います。

血液型は遺伝的に決まりますが、ヒトの場合、A型とB型とO型がありますよね。

そのうち、両親由来の二つをもつことが出来ます。

AA型およびAO型がA型、BB型およびBO型がB型、あとは
AB型とOO型です。

このように、同じ部分をつかさどる複数の遺伝子のうちの一部を選択しているので、遺伝的な個人差が生じているんです。

メンデルの法則の、しわしわの豆とつるつるの豆も、色違いの豆も同じです。



あと、ヒトの遺伝的な多様性の低さについてです。

多様性が低いと言うのは、チンパンジーやゴリラよりも、ヒトは遺伝的に近縁な個体が多いということです。

これは、ヒトは、チンパンジーなどよりも個体数が少なかった種だったのが、子孫を確実に残す術を身につけ、一気に拡大したものだと考えられます。


posted by new_world at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。