2006年08月11日

五条坂の陶器市

昨夕、京都に戻ってきました。京都駅に着いたのが6時頃だったので、終わり際の陶器市になんとか間に合い、帰りによってあれこれ衝動買いしてきました。


最終日の夜なので、殆どのお店が売れ残りを売ってしまおうと頑張っていて、あちこちに2割引とか半額とか〜円均一とかの張り紙。値切ればもっと安くなるようです。

私はあまり値切るのは得意じゃないんで、何枚かさして「これだといくらになります?」とか遠まわしに言ったりするのが限界ですが、暑いのにやたら元気なご婦人方はどんどん値切って沢山買われていましたね・・・凄いです。



とはいえ、沢山の陶器が並んでいて面白かったです。大きさも種類も価格帯も色々。見ているだけで楽しくなりますね。

まぁ私には陶器の良し悪しは殆ど分かりませんけどね・・・露店に並ぶ1500円のお湯飲みと店内の15000円のお湯飲みの違いすらさっぱり・・・。

最終日でも沢山見られましたが、初日ならもっと色々見られるんでしょうね。来年はぜひ初日に行きたいと思います。少なくとも来年までは学生なんで。




こんなの買いました。(実物は、写真より白が綺麗です。ちょっと部屋が暗くて。)

お湯飲み少し大きめのお湯飲み。(九州から戻って京都で買った有田焼・・・ま、陶器市ですしね・・・。)







お皿カレーやパスタにちょうどいい大きさのお皿で、少し深め。1枚400円とかなり安め。


posted by new_world at 15:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
25年前に、陶器市に出店する店の短期バイトを、学生相談所で紹介してもらったことがあります。倉庫は烏丸御池の近くでしたが....。楽しかったですが、陶器を運び出してトラックに積んだりする作業はしんどかった。陶器って積み重ねると重いですもんね。

学生相談所は公的な機関(今で言う非営利か?)だったので、危険なバイトはご法度だったのですが、倉庫内を移動する際に、トタン屋根の継ぎ目を歩かされたことがあります。そういう怖い体験はなかなか忘れません。
Posted by ゴマ at 2006年08月11日 22:49
楽しそうですね〜(*´∇`*)
私も行ったことは無いのですが
雰囲気がとてもスキですね〜☆目移りして大変そうですが(笑)
Posted by マチルダ。 at 2006年08月12日 11:27
ゴマさん
陶器を運ぶのは大変でしょうね・・・重い上に落としたら割れますから。
トタン屋根の上を歩くんですか?いまいち状況が想像できませんが、重いものをもって足場が崩れる可能性のある場所を歩くのは怖いですね・・・



マチルダ。さん
楽しいですよ。

陶器には芸術的な要素がありますので、見ているだけで楽しいです。まぁ屋外なので昼間は辛そうですけど・・・でも、その陶器市は11時くらいまでやっているそうで、夜間にお祭り感覚で来られる方も多いようです。

あと、素人的には、値札がその価値をある程度数値化してくれているんでわかりやすいですね。
Posted by new_world at 2006年08月12日 17:21
あー!
このとき、仕事で陶器市の近くにいたんですよ!
Posted by のび at 2006年08月14日 15:57
のびさん
京都に来られていたんですね。暑かったですよね・・・
Posted by new_world at 2006年08月16日 06:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。