2006年10月23日

ヒヨコ誕生

実習でニワトリの卵を育てていました。私の育てていた卵は残念ながらこの休みで死んでしまいましたが、友人の育てていた一羽がとうとう今日生まれました。

ガラス越し且つ携帯のカメラで像はぼやけていますが、一応写真を撮っておきました。今日は雨が降っていてデジカメは持っていってなかったんで・・・

ちゃんと、卵の大きさでした。


ヒヨコ@
















ヒヨコA
















追加。デジカメで撮ったもの(ガラス越しですが。)

ヒヨコ3


posted by new_world at 19:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜ぁ。o○
産まれてる(*´∇`*)

これなら何とか見れますよ(笑)
Posted by マチルダ。 at 2006年10月24日 11:42
あれ?産まれたばかりなのに案外フワフワしてる。
私が小学校のときに見たときは、
もっとクタクタしたように憶えてます。

かわいいですね♪
Posted by bobbin at 2006年10月25日 11:52
マチルダ。さん
まぁ最近の携帯のカメラは結構頑張ってくれますからね。でも、動くものを撮るにはやはり力不足です。


bobbinさん
上の二枚は生まれて1時間以内に撮られたもので、3枚目は翌日撮ったものです。

確かに、結構乾いていましたよ。穴を開けて育てたので、卵白量も減らしてありましたし、何度も観察したんで卵白からの水分の蒸発も多かったのかもしれません。

可愛いですよね。
Posted by new_world at 2006年10月28日 17:07
違うんです!!カメラのことじゃないんです。。。

あのドロドロとしたのは見れなかったんです(笑)
ヒヨコになってしまえばちゃんと直視できますって意味でした(*´∇`*)
Posted by マチルダ。 at 2006年10月29日 11:47
マチルダ。さん
あ、そうでしたか。

確かに、ヒヨコと卵の中間は苦手にする人が多いかもしれませんね・・・私は全然気になりませんが、物理や化学の友人に見せるとたまに嫌がられますね。
Posted by new_world at 2006年10月29日 21:04
ご無沙汰してます。パソコンが壊れていたので随分おそくなってしまいました。ひよこはどうなったかな?と結構気になっていたんですが。無事産まれたんですね〜あの、殻をわって中を覗いていた卵から・・・直接・・・ですよね?私は生物の実験ってほとんどしたことないんですが、やってみたいなぁ。私も大学生当時は、こういうの嫌がっていた「化学」の人だったんですけど・・・就職して純粋な「化学」から離れてしまって、性格も変わったのかもしれません・・・
Posted by みやび at 2006年11月03日 08:42
みやびさん
残念ながら、私の育てていたものは無事じゃなかったんですけどね・・・毎日のようにふたを取って観察していましたので、なかなか最後まで育てきるのは難しいようです。生存率は、10分の1くらいです。

こうやって、高等生物の発生⇒誕生を、穴を開けて直接みることができると言うのは、やはり凄いことだと思います。ありの巣をガラス張りで見るものの延長のようなものでしょうか。発生の場合、毎日着実に大きくなっているのが分かりますので、難しいですが、かなり感動的だといえますね。
Posted by new_world at 2006年11月05日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。